2019年09月29日

『味の違いが分かる犬とグルメなのに味が分かってない猫』




【犬は味の違いがわかるけど、食べられるものならなんでもいい】

雑食性の犬は、甘味・苦味・酸味・塩味の4つの味覚をもっています


古来、犬がいた平原では獲物を取れるときと取れないときがあります。

飢えたときは何でも食べる我慢強さをもっているのです。

4つの味覚を感じる犬は、「これは美味い」「これはまずい」と味を理解しているのです。

hp-hero-jp-new-articles.jpg

きちんと味の違いを感じているのに、「これはちょっと不味いな~」と思いつつも、しっかりとご飯を食べるのです。

犬って健気じゃありませんか~!


わたしが子供の頃に飼っていた犬は、当時良質のドックフードがあまりない時代(昭和の時代)だったので、白米に味噌汁をぶっかけたご飯が主食でした。

それでも一応食べていました。

たまに人間の晩御飯で残った魚とか鳥の骨をあげると「こりゃ御馳走だ」と喜んで“ガツガツ”食べていました。


あなたの愛犬もご飯をガツガツ食べていますか?

でも、もしかしたら「あんまり美味くないな~」って、思っているかもしれませんよ!


ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421.jpg


〈犬の豆知識〉

犬にとって“贅沢は敵”です。まずくても食べられるものは食べまくります




【猫はグルメなわりに、味の違いはよくわかっていない】

猫は好き嫌いが激しいことで知られています。

猫の味覚は、酸味・苦味・塩味の3つだけです

酸味は食中毒を判断するためには必須なのです。


この3つの中で、塩味はわずかに感じるのみで味覚はほぼ酸味と苦味が占めています。

猫科の主食の肉には甘味がないため甘味の味覚が発達しなかったと言われています。


3392EBDDD5D448489B108D25F0126628_LL.jpg

猫のザラザラした舌はグルーミングや水飲みなどの機能性を重視して進化したため、味覚は鈍感です。

では何で判断するかというと、嗅覚です。

猫は嗅覚が発達しているためニオイで美味しいかどうかを判断します。

同じ餌でも温めると強くニオイが立ち上げるため、喜んで食べることがあります。


猫って、グルメを気取っている割には味音痴なんて、笑っちゃいますよね!

「澄ました顔してるけど、味分かってないんだろう」って言ってやりたいですね!


284425008b9ef1d9057a0760c6e66ca6.jpg

〈猫の豆知識〉

猫の味覚はほとんど酸味と苦味。塩味はわずかしか感じません。好き嫌いが多い割には味が分かっていないのです



お読みいただきありがとうございました




posted by チャミーの父ちゃん at 20:34
"『味の違いが分かる犬とグルメなのに味が分かってない猫』"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: