2020年05月15日

『重要なお知らせ! 猫から猫へ新型コロナウイルス感染する!』





【愛猫家には辛いニュース! 新型コロナウイルスが猫から猫へ感染する】

《米医学紙より》

猫を愛し、猫を家族としている方には、今回とても辛いニュースです。

すでに知っている方が多いとは思いますが、万が一、知らない方がいると大変なのでお知らせします。



「新型コロナウイルスが猫から猫へ感染する」

これはショックです。


新型コロナウイルスに関しては、人から猫へ感染する可能性があるとされていますが、今度は、猫から猫へ感染するという研究結果が出されました。



米医学紙「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に13日発表された内容は、「猫から猫へ感染し、症状はまったくでない可能性がある」というものです。


米研究チームは「新型コロナウイルス終息に向けた対策の一環として、猫の間でも感染を広げないことが重要になる可能性がある」と示唆しています。




《東大医科研究所より》

ウイルス感染の専門家である河岡義祐教授らのチーム(東京大学医科学研究所)の研究では、新型コロナウイルス感染症患者からウイルスを分離し、猫の鼻腔内に接種し感染させる研究が行われました。

その後、感染した猫とそうでない猫のペアを3組つくり、同居させた結果、すべてのペアで感染が確認された

これによってウイルスは接触感染によって猫の間で簡単に感染伝播することが明らかになったという。

また、感染した猫からは、明らかな症状は見られなかったという。



河岡教授は、「今回の結果は、猫から人に新型コロナウイルスがうつると示しているのではない。感染者が猫を飼っている場合、猫に近づかないこと。家から出さないことを守って欲しい」と述べています。




《香港で、犬が新型コロナウイルスに感染》

その他にも、2020年3月16日、香港で新型コロナウイルス感染が確認された犬が死亡した事例があるようです。

その犬の犬種はポメラニアン(17歳)。

飼い主である60代の女性が2月に新型コロナウイルスに感染していたといいます。

香港政府が調べたところ、飼い犬のポメラニアンからウイルスの弱陽性反応が検出され、低レベルの感染が確認されたのです。




【愛猫家と愛犬家には辛すぎる】

愛猫はペットにあらず!

愛犬はペットにあらず!

愛猫、愛犬は家族なり!


おそらくペットに愛情を注いだことにない人は猫や犬を「ペット」というカテゴリーにしか分類しないのだろう。


河岡教授のウイルス研究には頭が下がるが、愛猫家としては「猫に新型コロナウイルスを感染させる」という言葉を聞いただけで、吐き気がする。

可哀想でいたたまれない気持ちになる!


それは人類を守るためなのだから、仕方がないし、法律でも許されていることだとはわかっていても、心が痛む。


これらの研究では、猫が死亡したとまでは書かれていないので、実験に使われてしまった猫が新型コロナウイルス感染により死亡しないことをただただ祈るばかりだ。

元気で寿命を全うして欲しい。


3312478_s.jpg




【愛猫、愛犬を守ろう】

「猫から猫へ新型コロナウイルス感染する」


この事実を飼い主がまず知ることが大切です



そして、何よりも飼い主が新型コロナウイルスに感染しないように生活することで、愛猫(または愛犬)を守るしかありません。


飼い主が、愛する我が子(猫)に新型コロナウイルスをうつしてしまい、もし苦しんだり、死なせてしまえば、猫にとっても飼い主にとっても辛すぎる出来事となってしまいます。


おそらくその場合、飼い主はずっと自分を責めつづけて生きていくことになるでしょう。


猫が新型コロナウイルスに感染していると判明すれば、人間の場合と同じようにペットの遺体に触れることも「お別れ」を言うことも出来ないかもしれません。




《愛猫、愛犬を守るために飼い主ができること》

  • 新型コロナウイルス感染がある程度終息するまでは出来るだけ接触しない。
  • 可能な限りマスクをしてペットと生活する。
  • 飼い主が帰宅したら必ず念入りに手洗いうがいをする。
  • 飼い主の肌などをなめさせない。
  • 猫(または犬)を出来るだけ撫でたりしない。
  • 外に生きたがっても絶対に外に出さない。


〈多頭飼いの場合〉 

場所の確保が可能なら、猫たち(猫と猫の)の生活空間を別の部屋などにして隔離させる。(つまり、自宅内別隔離)

(頭数による)

また、食器を別にすることも必要です。

外に出さないことは1頭飼いと同じです。



これはペットを家族と思っている人にとっては、耐えられない生活です。

そこまでやるのか?

と思う方もいるでしょう。


でも言います。

これらの対処法は、人間の家族との間で感染を防ぐ対処法とほぼ同じです。

つまり、ペットに愛情があり、家族と思っているのであれば、人間の家族と同様に「いまは我慢」と「大切なペットを守る」ためにするべきだと考えます。


3327471_s (1).jpg

新型コロナウイルスの怖いところは、ウイルスが体内に侵入し感染したその時点で、感染に気が付かないことです。

つまり、自覚症状が出るまで感染者自身がウイルス感染した事実を知らずに生活し、周囲に感染を広げてしまうことです。


ペットを愛する人にとっては、人間も猫も同じです。

人間も犬も同じです。

ともに家族であり、守るべき存在であり、愛する存在です。



ペットは自分で新型コロナウイルスから身を守ることは出来ません。

すべては飼い主しだいなのです。


愛する家族(愛猫、愛犬)を守りましょう!!




【心配なこと】

少しだけ心配なことがあります。

単なる危惧で終ればいいのですが、もし、猫や犬に新型コロナウイルスの感染被害が多くなれば、ペットを飼わない人たちから、ペットの存在が差別されるようになることも考えられます。


野良猫は駆除の対象とされ、ペットに関する新型コロナウイルス感染の法律や条例が制定されることもあるかもしれません。

そのとき、ペットと飼い主の意に添わない法ができないことを祈るばかりです。


41e96bac908893d89b44b9f44240553e_s.jpg

いま、新型コロナウイルス感染被害はウイルス感染だけではないとわたしは考えています。

それは「差別」という人間の卑しさが現れていると感じます。


医療現場で必死に治療にあたっている医療従事者の家族は差別されています。

感染病院で働く看護師の子どもが幼稚園から「登園拒否」にあっています。


また、物流を担うトラックドライバーの家族も同様な被害(差別)を受けています。


それらは、新型コロナウイルスに感染したくない、という人間であれば当然の防衛本能でもありますが、一方では「思いやり」「他者への尊重」のない心もとない言動であると思います。

行き過ぎた自己防衛であると思うのです。


はっきりと感染した事実にもとづくのではなく、たんなる憶測で他者をバイキン扱いすることは人間として一番醜い部分であると思うのです。


「新型コロナウイルスは自覚症状がないのに感染していることがある」

ということは、医療従事者や物流を支えるドライバーやその家族に限らず、差別しているその人がすでに感染しているかもしれないのです。


このウイルスの怖いところは、「誰が感染しているのか、非常に見えにくい」ところです。

だからこそ混乱もするのです。


心無い差別が人間の間で起こるようなら、ペットに新型コロナウイルスが広まってしまったら、どうなるかは不安でしかありません。


ペットを愛する人にとって、大切なことは、肝に命じなければならないことは、

「ペットは自分で新型コロナウイルスから身を守れない」

「ペットが新型コロナウイルスに感染する場合、飼い主から感染する」

(外にでないペットの場合)

「ペットは飼い主を頼るしかなく、飼い主を頼りにしている」

ということです。


愛するペットを守るために我慢するべきところは我慢し、ペットとの生活を守りましょう。

“自粛疲れ”などと世間では言いますが、ペットと自宅で過ごす時間が増えることは、ペットを飼う飼い主にとっては喜びが増えることでしかありません。

ペットにとってもそれは嬉しいことのはずです。


3214588_s.jpg

ペットたちは飼い主に癒しを与えてくれます。

飼い主は、ペットの愛情に応えねばなりません。



お読みいただきありがとうございました。








posted by チャミーの父ちゃん at 12:52| Comment(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

『猫を襲う突然変異した猫コロナウイルス! ~ペットを守ろう~』




【猫を苦しめる突然変異したコロナウイルスによる難病】

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、人間から猫に感染することがあるとお知らせしました。

ですが、別の話があります。


猫の間で、突然変異したコロナウイルスによる難病があり、多くの猫と飼い主が苦しんでいるのです。

この猫を苦しめる難病は、猫腸コロナウイルスの突然変異によって発症する猫伝染病腹膜炎(FIP)と呼ばれるものです。


猫伝染病腹膜炎(FIP)は、有効な治療方法が確立されておらず、“不治の病”とされ、致死率はほぼ100%と言われています。

発症してから数日で死亡してしまうケースが多いようです。

(平均生存期間9日、1年生存率5%未満。)


どんなに早期発見したとしても手の施しようがないという、猫にとってはとても怖い病気です。

猫好き、猫を家族と思っている人にとっては、新型コロナウイルス感染に匹敵するほど怖いことです。



〈FIPとは〉

FIPの原因となる猫コロナウイルスは、多くの猫がすでに保有していて、通常であれば健康面に影響することはありません。

突然変異を起こした場合のみ、FIPウイルスとなり、全身のどこかの機関に感染して致死率の高い症状を引き起こします。




〈FIP(猫伝染病腹膜炎)の症状〉

FIPには独自の症状はありません

ですから、飼い主さんも気づきにくいのです。

症状は、発熱、食欲不振、体重減少、貧血、下痢などの症状があらわれます。


こういった症状は他の病気でよく見られる症状ですから、FIPに感染していてもFIPであると気が付きにくいのです。



こんな症状があったらFIPを疑う!


ウェット型

・「腹水」や「胸水」が溜まる。

・腹水が溜まるとお腹がタプタプする。

・胸水が溜まると見た目にはあまり変化はないが、肺が圧迫されるため呼吸が苦しくなる。


ドライ型

肝機能、腎機能の低下や、脳神経などに作用して発作などの症状がでる。

・脊髄に影響すると手足のしびれなどを引き起こす。



〈FIPの検査は?〉

FIPの原因となる猫コロナウイルス自体を保有しているかどうかは、血液で抗体検査を行い調べます。

(人間の新型コロナウイルス検査と同じく、PCR検査でわかります。)


ただし、猫コロナウイルスとFIPウイルスの区別をつけることは非常に困難です。

ですから、現れた症状と各種検査によってFIPの診断が下されます


より確定的な診断を望む場合は、臓器の一部を切り取って検査し、その中にFIPウイルスの有無を調べることになります。

ですが、検査結果が出るまで1週間を要するため、その間に死亡してしまうこともあります。

また、外科手術をすることは猫の体力を奪うことにもなるので、現実的には有効な検査とは言い難いのが現状です。




〈FIPにかかりやすいのは?〉

FIPにかかるのはやや純血種が多い傾向があります。

年齢で言うと、5歳以下と10歳以上の割合が多い。

オスとメスでの違いは見られません。

これは比較的という意味なので、ミックス猫でも、どの年齢でも発症する可能性はあります。


問題は、“多頭飼い”をしているケースです。

発症した猫とのトイレ共用による排泄物からの感染、食器の共用グルーミンングによる唾液からの感染の可能性があります。


ですから、性別や年齢よりも、多頭飼いによってリスクが高くなる、と思ったほうがいいです。




〈FIPを発症してしまったら〉

現在、認可されている薬で有効な治療法はなく、FIPを発症した場合は対症療法しかないのが現状です。

抗炎症薬を投与して症状を緩和、ウイルスの増殖を抑えるなどを行い・・・。

あとは、残念ながら、残された時間を少しでも楽に過ごしてあげるしかないのです。

(飼い主さんにとっては胸をえぐられるような悲しみですね)


実質的に症状を緩和させることしかないので、FIPにかかった猫の治療をめいっぱいすることを希望する人もいれば、投薬など猫に負担がかかるようなことはしないで自然に任せる人もいます。

飼い主さんが苦渋の決断をするしかありません。



海外で開発されたFIP用の新薬で効果が現れたという報告もありますが、日本においては認可されていないのでいまのところ使用できません。

残念です!



3333188_s.jpg





【愛猫を新型コロナウイルスから守るために】

ベルギーで新型コロナウイルスが猫に感染したと報道されました。

飼い主が発症した後、猫にも嘔吐などの症状がみられ、便から新型コロナウイルスが検出されました。

新型コロナウイルスは人間から猫に感染するのです。

(他の動物にも感染することが判明している。)

感染するといっても人間から人間への感染ほど心配する必要はありませんが、だからといって安心したり油断してはいけません。



ウイルス伝染症は基本的には、種別(犬から猫、人間から猫など)を越えて伝染することは無いと考えられていますが、新型コロナウイルスは未知のウイルスであり、ウイルス学者や生物学者、医師などの専門家であってもその全貌を理解している人は現時点ではいません。


ですから、まずは飼い主さんが新型コロナウイルスに感染しないように全力を傾けるしかありません。

心配ならば室内でのマスク使用をおススメします。


中国では、愛犬に防護マスクをさせる人も出ているようです。

防護マスクを購入するのもペットにさせるのも大変ですが、日本でもペット用のマスクが必要であると思います。

(ペットは嫌がると思いますが・・・)

人間用のマスクが不足する現状ですが、ペット用のマスクもペットを守るために必要であると思います。

どこかの企業で開発すれば売れると思いますが・・・。

それが、ペットと飼い主を助けることになるのですが・・・。


3383457_s.jpg


FIPおよび新型コロナウイルスに感染しないようにと、飼い主さんの責任は重いですが、ペットは家族です。

愛猫、愛犬を守りましょう!



お読みいただきありがとうございました。






posted by チャミーの父ちゃん at 13:01| Comment(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

『ペットと新型コロナウイルス感染に関する情報 ~ペットを守ろう~』




【厚生労働省からのお知らせ】

先週、猫も新型コロナウイルスに感染することをお伝えしました。


しかし、厚生労働省が4月17日に、ペットが新型コロナウイルスに感染する事例とQ&Aを公開しました。


厚生労働省によると、海外では人間から犬、猫に感染したと考えられる事例が複数あり、猫の呼吸器や消化器に症状が出た例も報告されていると、知らせています。

また、同じく海外では、動物園で飼育員から虎に感染した事例があります。


いまのところペットから人間への感染は確認されていませんが、新型コロナウイルスに感染した人間(飼い主)から動物(ペット)に感染する、ということです。


これはペットと自宅で自粛生活をする人たちにとってとても重要な情報です。


猫だけではなく、犬にも新型コロナウイルスが感染するのです。

犬を飼う人も注意が必要です。


4e9122e0b59d4e6d5f8fd8be34547023_s.jpg






【愛するペットを守るために】

ペットの命と健康は飼い主さん次第です。

自粛生活をする飼い主さんにとってペットは、“慰めてくれる存在”“癒してくれる存在”だと思います。


ですが、その愛するペットに飼い主が新型コロナウイルスに感染させてしまう可能性がある以上、飼い主の責任と愛情をもとにして注意が必要です。



〈ペットに感染させないために〉

・過度な接触は避ける。

・ペットの体調が悪いときは不必要な接触をしない。

・飼い主が口にした食事をペットに与えない。

・買い物や仕事から帰宅したら念入りに手洗いうがいを行う。

・ペットと接触した後は、手洗いうがいを念入りに行う。

・ペットに人間の体をなめさせない。(特に犬に顔をなめさせない)

マスクをしてペットと接触する。



そして、一番大切なことは

飼い主が3密を避けた生活を送り、新型コロナウイルスに感染しない


愛するペットを守るために、飼い主さんが新型コロナウイルスに感染してはいけないのです。


ペットは大丈夫だろう!

「俺は」「私は」感染しないだろう!

という“甘い認識”は捨てましょう!

愛犬、愛猫に“感染させてしまうかもしれない”と考えて生活しましょう。


444b8bd1ea65215559fe1bf83113d6a1_s.jpg

新型コロナウイルスは未知のウイルスです。

発生の原因が分かっていなくて、ワクチンもいまだ開発されていません。

つまり、新型コロナウイルスに感染した人を治す治療薬がないのです。

(現時点では、治療にインフルエンザ等の既存の薬品を使用している)


ペットに新型コロナウイルスが感染してしまった場合、治療は出来ません

獣医師にその知識も技術も医療器具もないからです。

感染した人間を治療する医師でさえ、この未知のウイルスに関しての専門家はいないのです。

人間の医師でさえ新型コロナウイルスのことを“よくわかっていない”のです。


ペットを飼っている飼い主であれば、ペットの命と健康を守ることがその責任です。

愛するペットを苦しめ、命を奪ってしたったのが、飼い主だとしたら、こんな悲しいことはありません。


愛犬、愛猫を飼い主が苦しめて命を奪ってしまうかもしれないことを想像しながら、自粛生活をしなければなりません。


現時点での新型コロナウイルス感染を防ぐ唯一の方法は、“自粛”(3密を避ける)ことです

(悲しいことですが・・・)


もう一度言います。

新型コロナウイルスは犬や猫にも感染します。

感染は人間から動物への感染です。

つまり、飼い主から愛犬、愛猫にウイルス感染するということです。


全国のペットを愛する飼い主さんに、家族同然の愛犬、愛猫を守るために、自粛し、新型コロナウイルスに飼い主さんが感染しない努力をすることを望みます。



厚生労働省のペットに関する新型コロナウイルス情報リンク先



お読みいただきありがとうございました。








posted by チャミーの父ちゃん at 12:48| Comment(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

『緊急のお知らせ! 猫も新型コロナウイルス感染する!』

【緊急のお知らせ!】

このブログはペットの健康を守り、ペットと幸せに暮らすことを目的としてスタートしました。

猫を愛する人が無視できない情報があります。

すでに知っている方も多くいると思いますが、知らないでいる人がもしいるのなら知ってほしくて今回の記事を書きます。


世間はいま、新型コロナウイルス感染症で命の危険、感染の恐怖、経済的危機などで大変な事態となっています。


そんな中で、ペットと暮らす飼い主さんにとって聞き逃せないニュースがあります。

それは“猫も新型コロナウイルに感染する”ということです。


c45c36f70727b2ded94d339774df62cd_s.jpg




【猫も新型コロナウイルス感染する】

アメリカの科学雑誌「サイエンス」のウェブサイトで中国の研究チームが発表した内容によると、ペットや家畜の中でも比較的「猫は感染しやすい」とのことです。

また猫から猫への呼吸飛沫による感染も確認されたということです。

一方、犬は感染しにくいとのこと。


WHO(世界保健機構)も「動物がウイルスを媒介しているとは考えにくいが、感染した人から動物に感染することはありうる」と見解をしめしています。


(TBSNEWSより)




【猫を守ろう!】

猫を飼っている飼い主さんにお願いです。


飼い主さんが3密を避けた生活をし、感染しないようにする。

飼い猫を外に出さない。(他の猫と接触させない)

飼い猫に飛沫感染させないように注意する(マスクをするなど)


などの対策をして飼い猫を守ってください。


f87b790557427ff166bfebe4829654b0_s.jpg


確立は低いと思われますが、絶対にないとは言えないのが新型コロナウイルス感染です。


愛する家族である飼い猫を守るのは飼い主さんの義務です。

飼い猫を守るためには、まず飼い主さんが新型コロナウイルスに感染しないようにしなければいけません。


4d44c433d5f3318383c1667ae390c9fbe6fa61a2.jpg


飼い猫のことも考えて、生活しましょう。

大切な愛猫を守ってあげられるのは飼い主さんしかいないのです!



お読みいただきありがとうございました。


posted by チャミーの父ちゃん at 12:03| Comment(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする