2020年09月18日

『猫好きを装い、猫を虐待、転売するために騙して引き取る「里親詐欺」に要注意!』




【虐待目的の里親詐欺が急増中‼】

動物好きを装い(嘘をついて)、猫を引き取る。

しかし、その目的は家族として迎い入れるのではなく、「虐待」または「転売」。

近頃、そんな「里親詐欺」が急増中です!!



《「里親詐欺」とは?》

里親を探している保護主や飼い主、保護団体から猫を騙して引き取る行為。

目的は虐待、虐殺、転売など非道な行為です。


コロナで自粛生活の時間が増えたこと、SNSが発達、充実したことが「里親詐欺」に拍車をかけています。

ネットのSNSでは、婚活アプリのように「里親を探している人」と「里親になりたい人」のマッチングサイトも増えています。

しかし、そこに付け込んで里親詐欺を働く悪い人間がいるのです。


3574998_s.jpg




【里親詐欺の被害を知る】

「虐待」「虐殺」「転売」、これらを目的として猫や犬を引き取る行為は許しがたい行為です。

また、詐欺罪であり、動物愛護法違反でもあります。



こうした悪質な「里親詐欺」を出さないためには、まず里親詐欺について知ることが必要です。




《里親詐欺の実態》

〈SNSを利用した里親詐欺〉

最近多いのがSNSを利用したもの。

「SNSを利用した譲渡」、これが里親詐欺の起こる危険性が高いのです。

SNSでの譲渡では、「複数のアカウントを作って多重応募をするケースが多い」です。

匿名のアカウントやフォロワーがいない、ネット上での活動がほとんどない、などというのは偽アカウント(裏アカウント)の可能性が高いです。


SNSでの譲渡の場合は、アカウントをきちんと調べ、SNS上での活動(発言、つぶやきなど)を調べることが大切です。



〈リアルな場での里親詐欺〉

掲示板やSNSのみならず、「通常の譲渡会」などのリアルな場で、堂々と里親詐欺が横行しています。

里親詐欺は堂々と、保護団体に接触し、譲渡会に参加してきます。


ある保護団体では次のような“窃盗”があったそうです。

保護団体の人が、譲渡希望者と1対1で面談中、お茶を入れようと席を立ったときに猫をさらって逃げた。

そんな信じられない“強盗”のようなケースもあります。


また、保護団体よりも譲渡してもらいやすいのではと考えて、保護猫カフェを訪れて猫好きを装い里親詐欺をする人間もいるようです。




《里親詐欺の形態(手口)》

里親詐欺の形態(手口)は主に以下の4つです。



1.動物虐待を目的とするもの

猫好きを装い、時には偽装した家族関係を作ってまで譲渡希望者として現れます。

目的は、ストレス解消のために虐待する、または命を奪うという異常行動願望を満たすためなどです。

このケースは、明らかに異常者と見ていいでしょう。

ですが、譲渡会や保護団体などには猫好きと偽っていますので、安易に信用してしまうと猫の命が奪われる、または猫が不幸になることになります。



2.転売・再譲渡を目的とするもの

譲り受けた猫を別の里親に引き渡し、医療費などをだまし取るケースがあります。

また、三味線の皮にするために業者に転売するケースがいまだにあります。



3.動物実験用に転売することを目的とするもの

動物実験用に転売するケースがあります。

これはどうしても需要があるものなので、密かに売買が行われている現実があります。

しかし、犬と猫は愛玩動物です。

家畜の動物と同じように動物実験用に使用するのは、間違っています。

科学者や生物学者などは、科学の発展、医学の進歩にばかり意識がいき、小さな命の大切さを尊重しない傾向があります。

動物実験に犬や猫を使用する科学者たちへも非難の目を向ける必要があります。



4.アニマルホーダーが目的なもの

アニマルホーダーとは、「異常な動物コレクター」のことです。

この場合は、ある程度動物への愛情は持っていることが多いですが、その愛情は非常に偏ったものであり、身勝手な愛情でしかありません。

面倒見切れないほど多頭飼いしていて、家族として生活するというよりも、コレクションを集めるような感覚で動物を引き取るのです。

ですから、「この人は動物好きなのだな」と思って譲渡すると間違うこともあります。

衛生面や健康面が不十分な劣悪な環境で飼育されるのは虐待と同じです。



3441618_s.jpg




《里親詐欺に騙されないための注意点》

里親詐欺は焦って里親を募集している人を狙ってきます。

「〇日までに里親が見つからなければ保健所に行くしかない」

「入院するから緊急募集」

など、緊急性を以って里親を募集している人の弱みに付け込んできます。



「保護活動をしているので今すぐ猫を引き取れます」

「子猫を全部引き取ります」

「格安料金で里親探しを代行します」

など、親切なフリをして近づいてくることもあります。



「ケージもトイレも設置」

「猫の飼育経験もあり」

「戸建てで妻は専業主婦」

などと譲渡されるための好条件を提示してくる場合があります。



単身者への譲渡を警戒する保護団体の決まりを逆手に取り、夫婦や家族を装って、猫を譲り受けようとする詐欺師が増えています。

犯罪者などの悪い人間は必ず物事の盲点をついてきます。


保護団体は「単身者不可」ということを改善することによって、保護対象者を増やすことで里親詐欺にあわないようにする努力も必要だと思われます。



3906182_s.jpg




【里親詐欺への対策】

1.譲渡契約書の用意と身分証明書の提示を必ず行う。


一番大切なことは、引き取る人の素性です。

身分証明書を必ず提示してもらい、譲渡契約書には氏名、住所、連絡先などを必ず記入してもらうことです。

万が一、SNS上でしか連絡が取れないなどがあれば譲渡はしないことです。



2.譲渡費用を求める。


里親詐欺の中には身分証明書を偽造する人がいます。

そこで譲渡条件に譲渡費用のお願いをすることで、里親詐欺を防ぐ要因となります。

ただし、譲渡費用はあまりにも安価だと効力がなく、高すぎると譲渡が滞っていまいます。

また、正当な理由がなく費用を求めることも保護団体側が売買目的となりかねてしまう恐れもありますから、注意が必要です。




3.譲渡する前に必ず引き取り希望者の自宅環境を確認する。


多頭飼いではないか?

トイレ、食器、スペースなど飼育する環境がととのっているか?

これは里親詐欺を防ぐためには絶対に必要です。




4.受け渡しは相手の自宅で行う。


受け渡しに「そちらに引取りに行きたい」と交渉してきても、相手の飼育現場である自宅に譲渡する側が出向き、現地で再度飼育環境を確認してから譲渡することです。



5.トライアル期間を設ける。


1週間~2週間のトライアル期間を必ず設けて、「相性」を確認し、その間に里親の素性に怪しい点があれば譲渡しないための最終的見極めの期間を設けることです。



6.アフターフォローを導入する。


譲渡したらおしまいという保護活動をしているところもあるようですが、それでは里親詐欺をしてください、と言っているようなものです。

譲渡した後こそ大切です。


譲渡した先で動物(猫や犬)が幸せに生活しているかどうかを確認することは里親詐欺を防ぐ最終的方法です。

また、そうした情報を把握し、発信することで、譲渡希望者の増加にもつながります。

確認と言っても、メールで写真や感想を送ってもらうだけで簡単に確認できます。

ここが保護活動の詰めの部分です。

譲渡件数が多いからといって手抜きをせずに、必ず確認する態勢を整えることが譲渡する側の責任となります。



7.保護団体や保護猫カフェなどの横のつながりを構築する。


保護団体や保護猫カフェなどの横のつながりを構築することで、情報のやり取り、情報の共有をすることで里親詐欺を防ぐことに繋がります。

同一人物が短い期間で多重応募しているなどをチェックする仕組みを整えることが重要です。



(参考情報は、YAHOO!!ニュース)




【里親詐欺は許さない!!】

いずれにしても譲渡する団体や個人が責任を持つことが必要です。

安易な譲渡は里親詐欺を見抜けず、猫を不幸にし、命の危険にさらしてしまいます。


詐欺師は巧妙に嘘という鎧で相手を騙してきます。


動物の保護活動をしている人たちの中には「お人好し」のタイプの人もいます。

「お人好し」は悪いことではありませんが、詐欺師から見ると格好の餌食となってしまうのです。



3579533_s.jpg


保護した猫の幸せのために譲渡したのに、虐待されたり、動物実験に使われたりしたのでは、何のための保護活動なのか分からなくなってしまいます。

保護活動をする団体も個人も、里親詐欺を防ぎ、保護猫や保護犬を守るための知識や見解が必要です。

また、世間が関心を向けることも大切です。


犬や猫にも個性があります。

愛情を感じ、愛情を与えられることができる犬や猫を虐待する悪質な里親詐欺から守らねばなりません!




最後までお読みいただき、ありがとうございました。


合わせて読みたい記事。

『滋賀県内で動物(猫)の虐待が頻発!里親詐欺は絶対に許せない! ~虐待された保護猫「むうくん」にエールを贈る!~』







posted by チャミーの父ちゃん at 13:25| Comment(0) | ペット問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

『ペットが行方不明になったら・・・』





【ペットが突然行方不明になったらどうしますか?】

大事な家族であるペットがある日突然いなくなった。

どうしよう!


焦って、110番にかけようと思った、などという経験者もいるでしょう。


そんなとき頼りになるのが「ペット探偵」です。


行方不明といってもその理由はさまざまです。


空き巣が入ったことで猫が逃げ出した。

散歩(猫)に行ったまま帰ってこない。

なにかに驚いて窓から飛び出したまま戻ってこない。

わりと多いのが飼い主が外出しようとして玄関を開けたときに出てしまい、そのまま帰ってこないというケースです。


行方不明になるペットのほとんどがです。


1185067_s.jpg

犬は基本的に飼い主から離れません。

万が一離れても帰巣本能が強いですから、戻ってくることが多いです。

でも、猫の場合は自宅の近所に潜んでいても、自宅に戻らないことがあるのです。


飼い猫の行動範囲は一日に半径300m前後と言われています。

自宅周辺の地図を書店で手に入れて、半径300mくらいの範囲をしっかり把握して捜索するといいでしょう。


その際に、猫の性格も関係します。

臆病な猫はあまり遠くに行きません。

どこかでじっとしていることが多いです。


また、電車(線路)が走っているかどうか、人通りの多い道路かどうか、草むらがあるかどうか、緑道があるかどうか、などの周辺環境を考えて、自分が猫になったつもりで考えて捜索することが大切なようです。



1097448_s.jpg


猫はとても臆病な生き物です。

また、縄張り意識の強い動物ですから逃げ出したとしても自宅周辺にいることが多いですが、狭いところに入りこんだり、草むらに潜んでいたり、他人の家に隠れていたり、昼間はじっとしていたりすると、いくら飼い主が名前を呼びながら探しても見つからないことがあります。

(悲しい~!)



1312769_s.jpg


あと重要なのは、事故です。(あまり考えたくないですが・・・)

事故にあってしまい、保健所の人によって片付けられてしまった、というケースもありますし、通報によって保健所の人によって捕獲されてしまうケースもありますので、保健所に確認してみることも大事なこととなります。



飼い主が探しても見つけられないペットを探してくれるのがペット探偵なのです。

もし、何度探しても見つからなかったら、ペット探偵に依頼することを考えてみてはいかがでしょうか。





【ペット探偵の料金】

正直に言います。

ペット探偵の料金はけっこうします。


依頼は1日単位で「約3万円+税金+経費」くらいかかります。

探偵社(探偵者)によって差はありますが、それなりの金額が必要となります。


捜索にかかった日数(または時間)の分だけ料金がかかりますから、早く発見されれば安く済みます。



でも、基本的に飼い主にとっては「お金じゃないんだ」という気持ちではないでしょうか?

お金がかかっても大切な家族(ペット)を見つけたい。

それが、飼い主の気持ちではないでしょうか。



あるペット探偵には、年間200件もの依頼が舞い込むといいますから、お金よりもペットを取り戻したいと思う飼い主さんが如何に多いかを物語っています。



ただ、なかにはギリギリの生活費で暮らしている人もいるので、ペット探偵のボランティアがあったらいいのかな~とも思います。


ただ、ペット探偵の人たちはいわゆる“プロ”ですから、それなりの“ノウハウ”“経験”を持っています。

ペットを捜索、捕獲するための道具を持っています。


ボランティアの活動もありがたいですが、見つからないのでは意味がありません。


やっぱり愛するペットの存在はお金には代えられない、というところでしょうか?


飼い主としてはペットが勝手に脱走したりしないように注意する必要があります。

猫はドアや扉を勝手に開けてしまいますから。

不注意で脱走させない細心の注意が必要です。


それでも、ペットが行方不明になってしまったらペット探偵に依頼することをおススメします。


だって、愛するペットに逢いたいでしょう!




【チャーというチャ虎のオス猫が行方不明のまま帰ってこなかった】

実は私も約20年くらい前に、茶虎のオス猫(チャー)を飼っていて、散歩に行ったまま帰ってこなかった経験があります。


DSC_0400.JPG

(古い写真ですが、これがチャーです)


去勢をしていなかったため、チャーはよく「外に行かせてくれ~」とせがみました。

そのたびに窓や扉を開けて出してやりました。

すぐ戻ってくることもあれば、2~3日戻らないこともありました。

ベランダ側から出すときが多かったのですが、反対側の寝室に真夜中寝ているときに「開けてくれ~」と帰宅することもありました。


2日くらい帰ってこないときは心配したものです。


チャーはケンカの弱い猫で、よくお尻のあたりに怪我をしてくることがありました。

そのたびに病院で治療しました。

そのたびに、獣医師に「お尻に怪我をする猫は弱い猫なんだよ」と、よく言われたものです。


地域のオス猫とケンカするときに、チャーはお尻を向けて顔を横向きにするのです。

お尻を相手に向ける猫は弱い猫なのです。

優しい猫とも言います。


DSC_0395.JPG

人懐っこくて、甘えん坊、ケンカが弱いくせに冒険心が豊富。

そんなチャーが愛おしくてたまりませんでした。


近所のボス猫に追いかけられて自宅に逃げ込んできたときは、意地悪なボス猫を追っ払っらったりしたこともありました。


そんなチャーがある日、待っても待っても帰ってきませんでした。

私は「チャー」と名前を叫んで近所を探しました。


でも、願いかなわずチャーは戻ってきませんでした。



あのとき、ペット探偵の存在を知っていたら。

ペット探偵に捜索を依頼していたら、チャーは戻ってきたのではないか?

そう思って後悔しています。


チャーに逢いたい!


DSC_0393.JPG


ですから、私と同じような悲しい思いをされるなら、お金を捻出してでも、ペット探偵に依頼するのもいいのではないか、と思うのです。



また、近所の人たちも貼り紙などを見たら、協力してくれるとありがたいですね。




【ペット探偵を紹介】

「PET RESCUE」 

URL=https://www.rescue-pet.com/



「ジャパン・ロストペット・レスキュー」

URL= http://www.jlpr.net/



最後までお読みいただき、ありがとうございました。








posted by チャミーの父ちゃん at 12:03| Comment(0) | ペット問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

『動物殺処分問題』




【ペット大国日本の動物愛護の現状】

現在日本で飼育されている犬と猫の数は、約1,855万頭。

しかし、年間10万頭以上が保健所などに引き取られ、そのうちの約43,000頭が殺処分されています


43,000頭ってかなり多いですよね!

これはひどい。

そしてとても悲しい。

pet_syobun.png

想像してみてください。

これがもし、人間だったら。

毎年4万人もの人が殺されているとしたら。

ヒトラーなんて子供騙し、ということになっちゃいますね。


動物を嫌いだとか、飼いたいと思わないという人もいると思いますが、我々人類の友である犬と猫がこれほど多く命を奪われていることを多くの人に知って欲しいと思います。


また、殺されはしなかったけれど、迷子になったり、捨てられたりして、10万頭もの犬と猫が保護されている現状には胸が痛みます。

牢屋のような無機質な部屋に入れられて、きっと不安と恐怖に怯えているのでしょう。



【動物愛護センターの取り組み】

神奈川県平塚市にある動物愛護センターでは、迷子になった犬や猫などを保護しています。

また飼い主がやむを得ない理由で手放したペットたちもセンターで保護しているのです。

実はこの動物愛護センターは今年の6月からスタートした施設なのですが、すぐ隣には元々あった動物保護センター(愛護センターの前身の施設)という施設がありました。

そちらの保護センターができた昭和40年代には、年間犬が2万頭以上、猫は1万数頭以上が殺処分されていたそうです。

しかし、新しくできた動物愛護センターでは、殺処分するためのガス室と焼却炉がない施設となっています。

つまり、殺処分するのではなく、保護する施設に変わったということです。


こちらの施設では保護した犬や猫を譲渡にむけての準備をしています。

犬は平成25年度から猫は平成26年度から殺処分ゼロになりました。

いままでの施設は殺処分するための施設でしたが、新しい愛護センターは、保護した動物たちがより元気に過ごせるように「動物ファースト」で考えられているのです。

施設内には最新設備が整っているので、去勢手術、避妊手術をすることが可能です。

また動物用のICUも導入されています。

こちらの施設は開館時間であれば施設を見学することが可能です。


こちらの施設で保護される犬猫はどんなケースが多いのかというと。

約6割が迷子です。

この迷子というのが厄介なのです。

全国的にみても迷子になった犬猫は、ほとんど飼い主に返還出来ていないそうです。


保護された動物約10万頭(全国)に対して、殺処分されてしまったのが約43,000頭、譲渡されたのが約44,000頭で、元の飼い主に返還されたのは約13,000頭です。

つまり、迷子になった犬猫が飼い主の元に戻る確率はわずか1割なのです。




【迷子の犬猫を減らすには】

犬の場合は、狂犬病の予防注射が義務付けられているので、毎年予防注射をしていれば「狂犬病予防注射済み」という「済み票」をもらえるので、それを首輪に付けることが大切です。

また鑑札票と一緒につける必要があります。

この二つが首輪につけられていれば、飼い主の元に戻すことができます。

しかし、実際は「済み票」も「鑑札票」も付けていない犬が多くいるのです。


鑑札票と予防注射の済み票以外にも飼い主を特定することができるものがあります。

それが「マイクロチップ」です。

マイクロチップには、飼い主の情報が入れられているので、マイクロチップを入れている犬であれば迷子になった場合でも探し出すことができるのです。

現在のマイクロチップは8mm未満と小型化されています。


実は今年(2019)の6月に改正動物愛護法が可決され、ペットショップなどで販売する場合、犬猫へのマイクロチップ装着が義務化されました。


マイクロチップには15桁の番号が入っているだけなので、その番号を登録して飼い主の個人情報を登録する必要があります。

マイクロチップだけ入っていても、飼い主の個人データの登録がなければ飼い主が特定できないのです。


室内飼いでも鎖で繋いで飼っていても、マイクロチップを入れておくことで、災害時に役に立ちます。

災害はいつくるか分かりません。

そのときになって後悔するよりは、マイクロチップを入れておいて、安心して暮らす方がいいと思います。


愛するペットの体内に異物を入れることに抵抗を感じる人もいると思います。

でも、注射と比べてもそれほど変わりはありません。

ほとんどが首の後ろに入れます。

犬の負担はほとんどありません。

むしろ安全が確認されているものです。

もしものときのために、マイクロチップを入れておくことをおススメします。

img_a69c65c7943dedbbfe603080e4bfa10a126016.jpg



【保護される動物を減らす最新アプリ】

保護される動物を減らすアプリを開発した企業があります。

株式会社オープンストリームは、迷子のペットを探せる「ねこもに」を開発しました

猫の首に発信機付きの札のようなものを取り付けて、アプリで居場所を探すものです。

(Bluetoothの電波で位置情報を知ることができる)


重さは10g程度なので猫の負担はほぼありません。

アプリを起動すると猫につけた発信機の場所を特定して、猫がどこにいるのか知ることができます。


GPSの装置だと電池や充電する必要がありますが、Bluetoothにすることで軽量となり電池が長持ちするのです。

約1年間電池が持ちます。

飼い猫が迷子になって捜索となった場合、電波をキャッチするとブルブルッと振動で知れせてくれます。

ただし、見通しが良いところで75mの電波しか拾えません。

ですから猫のいそうな場所をとにかく歩くことが重要です。


ちなみに「ねこもに」は犬につけても大丈夫です。

というよりもほとんどのペットに装着可能です。

001-5-600x338.jpg



【まとめ】

犬や猫にとっての幸せとはなにかと考えると、きっと人間(飼い主)と一緒に暮らすことではないかと思うのです。

10万頭もの犬猫が保護され、4万頭以上が殺処分されていることをもっと多くの人がしるべきではないかと思います。


まずは保護される犬猫が減ること。

次に保護された犬猫に新しい飼い主が見つかること。


こうした動物殺処分問題は、動物保護活動を専門にしている人だけに任せるのではなく、もっと多くの人が関わり、一頭でも殺処分することのない世の中になって欲しいと思います。



紹介記事

「犬猫殺処分問題」



お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 19:42| Comment(0) | ペット問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする