2019年06月12日

『人と犬の特別な絆』




人と犬の特別な絆について!


【人と犬の特別な絆】

人と犬だけが築ける特別な絆があります。


人と犬の関係を調べるために、ある実験が行われました。

その実験とは「人の気持ちが犬に伝わるかを調べる実験」です。


実験に参加するのは飼い主と犬、それと飼い主にストレスを与える役の二人です。

犬には飼い主しか見えないように囲いの中で待機させます。

(犬から飼い主の姿は見えています)


この状態で飼い主にストレスを感じる課題が出されます。

課題として、複雑な暗算を出題します。

このときに飼い主と犬には心拍数を計る装置をつけます。

飼い主が緊張したときに、それぞれの心拍にどんな変化が起きるかを調べました。


飼い主は簡単には解けない暗算問題を解こうとしてストレスを感じます。

すると飼い主の心拍があがった同じタイミングで犬の心拍もあがりました。

このとき犬はうつ伏せの姿勢のままで、なんの動きもありません。


ですが、飼い主の心拍が速くなると、そばにいる犬の心拍も速くなり、飼い主の心拍が遅くなると、犬の心拍も遅くなっていきました。

長く一緒に暮らしていると、飼い主の気持ちが飼い犬に移ってくるのです。


このときに犬がどうやって人の感情を読んでいるのかは、詳しく解明はされていません。

少なくとも声や表情から飼い主の気持ちを感じ取り、それ以上のなにかを感じ取っているといることは明らかです。


人の感情を、犬は感じ取ることができるのです。



【人を癒すセラピー犬】

病院などで活躍するセラピー犬がいます。

セラピー犬は元気な子供たちを相手にするときは、元気に振舞います。

ですが、手術前の子供を相手にすると、セラピー犬はじっとおとなしくしています。

それは教えられたわけでもないのに、静かにしなくちゃと思っているようです。


また、重度の認知症の患者を訪れると、普段表情を見せない患者さんが笑顔を見せます。

普段目を覚まさないような患者さんでも、セラピー犬が来ると犬を撫でようと進んで体を動かします。

家族の呼びかけにも応えない患者さんが、セラピー犬を見て声を出したり反応したりするのです。

他にもリハビリに付き添うセラピー犬もいます。



【なぜ犬は人に寄り添うことができるのか?】

それは犬の脳には人間の感情を読み取る仕組みが存在しているのです。


犬に人間の様々な感情の声を聴かせてそのときの犬の脳がどんな反応をするのかを調べた研究があります。


犬に、人間の笑い声を聴かせます。すると犬の脳が活発になりました。

次に、不機嫌な声を聴ませます。すると犬の脳は活動を低下します。

この脳の反応は人間がする反応と同じなのです。

これは犬が人の喜怒哀楽を読み取る能力を有しているということを証明しています。



 犬は人を癒す力を持っている】

人と犬が見つめ合うと、特殊なホルモンが分泌されます。

それは「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンです。

オキシトシンは相手への愛情を深め、絆を強めるホルモンです。

さらに心を癒したり体の痛みを和らげる働きをします。


犬と見つめ合った時、人間のオキシトシンは3倍以上に増加します。

おもしろいことに、それは犬にも同じことが起こるのです。

人と見つめ合うことで犬もオキシトシンが分泌されたのです。


これまでの科学では、オキシトシンは同じ種の動物同士で出るホルモンだと言われていました。(同じ種の親子で作られるホルモンであると考えられていた)


オキシトシンは本来、出産時や授乳時に母親から分泌されるホルモンと言われていました。

ところが、最近の研究では、人を好きになったとき、信頼するとき、協調行動を取ったときなどの場合にも作用することが分ってきました。


犬と触れ合うことは、人間の赤ちゃんを可愛がるときと同じくらいオキシトシンが分泌されます。

それくらい癒しの効果があるのです。


オキシトシンは、相手の気持ちを読み取る能力を上げることができるホルモンなのです。



【なぜ人と犬が特別な関係を結ぶことができるようになったのか】

そのなぞを解いたのはロシアの遺伝学の研究者であるドミトリー・ベリャエフ博士です。

ベリャエフ博士はイヌ科の動物であるキツネを題材にして研究をしました。

キツネが子供を産むと比較的穏やかなキツネを選び出し、そのキツネが子供を産むと、さらに穏やかなキツネを選びだし育て続けました。

こうした穏やかな性格のキツネを選び続けて交配し続けた結果、6世代目では人間に甘えるしぐさをみせ、16世代目では体が犬のように(尻尾が巻き上がったり、耳が垂れたり)なりました。

56世代目ともなると、人間の指示を理解し、コミュニケーションが取れるようにまでなりました。

見た目はキツネですが、しぐさや行動が犬のように変化したのです。


さらに頭蓋骨を調査した結果意外なことがわかりました。

イヌ化したキツネの頭蓋骨は長さが短くなっており、幅は長くなっていました。

全体的に顔が丸く変化したのです。

この特徴は子供の時期の頭蓋骨のまま大人になったことを意味します。

「子供の特徴を持ったまま大人になる」

これが野生のキツネが犬のようなキツネになるための大事な要素だったのです。


こうした変化は体内でも起きていました。

体内にある攻撃性を生みだすホルモンであるコルチゾールが通常のキツネの半分にまで減少したのです。

このことによって本来は警戒心の強いキツネが人懐っこくなった理由だと考えられています。


そして脳にも子供の特徴が見られます。

記憶や学習を司る海馬で生まれる神経細胞が普通のキツネの2倍も増えたのです。

つまり脳が子供のときのように若々しい状態を保っているということです。


子供化した脳は、人懐っこい性格だけでなく、新たなことを学び記憶していくことができます。だからこそ、人間を知り、人間への愛情を深めることができたのだと考えられています。


このキツネの研究で明らかにされたことが、犬の先祖と人間の間で起きてきたのであろうと思われます。

つまり、危害を加えないオオカミを人間のそばに置くようになり、それを繰り返したことで、結果的に人懐っこい犬が生まれてきたのではないかと考えられています。


これは子供っぽいオオカミが人間のそばにいるようになったことになります。

この子供っぽいということを「幼形成熟(ネオテニー)」と呼びます。

幼い形のまま成熟できるということを意味します。


このネオテニーが起こった動物に人間が含まれています。

幼形成熟とは、大きくなっても遊びをする、よくしゃべる、新しいことを学習するという要素です。



【人と犬は特別な関係】

人にとって犬とは特別な存在だということです。

犬は、人間の感情を読み取り、コミュニケーションを取り、寄り添って生きることで癒しを与えてくれます。


人間にとって犬は、かけがえのない生き物だということです。


人の悲しみを感じ取り、癒してくれる犬って素晴らしい!



30018000205B.jpg


そんな飼い犬の思い出を忘れないように、愛らしいペットクッションを作りませんか?







posted by チャミーの父ちゃん at 17:08| Comment(0) | ペットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

『犬と人間の関係』




犬と人間の関係を考えてみましょう!


【犬って素晴らしい】

犬は飼い主のことを批判もしないし、ましてや見下すことをしません。

犬は集団で生きる動物なので群れのリーダーに忠実です。

太古の昔から人間のそばに寄り添っていた生き物です。


concept06.jpg


これは「ムツゴロウ王国」のムツゴロウさんが以前に言っていたことですが、

何千年も前の人骨と一緒にある動物の骨が見つかっているそうです。

人間の人骨のそばで発見される動物は犬しかないそうです。

犬は、それほど太古の昔から人間の友としていつも一緒にいる存在だったのです。


犬の良さ。

それは「忠義心」ですよね。


忠犬ハチ公に代表される飼い主を思い続ける忠心。

飼い主を守ろうと必死に吠える姿。

そんな健気さが犬の素晴らしいところです。



【孤独を癒してくれる】

ある研究によると、老人ホームで入居者が犬を撫でたり、見つめたり、遊んだりとたっぷりと楽しい時間を過ごすことで「孤独感」が低下することが分っています。


この研究では、犬を独り占めした人と他の人と一緒に犬と触れ合ったひととでは、犬を独り占めした人の方が「孤独感」は低下したという結果が出ています。


つまり、人間とおしゃべりするよりも犬と触れ合ったほうが精神的な安らぎを得ることが出来るということです。

(もちろん個人差はあります)


なぜなら、犬は人間を見下したり批判したりしないからです。

無条件で人間を受け入れてくれるからです。

それでいて人間に愛情を向けてくれるからです。



【触れ合うことでストレス低下】

ある研究によれば、犬を45分間マッサージすることで、ストレスホルモン(コルチゾール)の濃度が低下すると報告されています。

また、白血球が増加して免疫力がアップします。


さらに、犬を抱きしめると幸せホルモン(オキシトシン)が分泌され、血圧が低下します


おもしろいのは、アメリカのバージニア大学の研究です。

犬と握手すると、脳の感情中枢の一部である視床下部においてストレス活動が減少するそうです。

それは犬に触れることで、脳内で脅威に対する反応が止んでしまうからなのです。


つまり、犬を撫でると血圧が下がるのです。



【犬は人間の感情を理解している】

こんなこと経験ありませんか?

何か悲しいことや気持ちが落ち込んだりしたときに、飼い犬がじっと飼い主を見つめていることがありませんか?


犬って不思議な生き物で、飼い主が落ち込んでいたり悲しみに暮れていたりすると、それを察してそっとそばで寄り添ってくれます。

それはまるで「元気をだして」と慰めているかのように。


そうです。犬は飼い主の感情をいつも敏感に感じています

言語能力はありませんが、人間の言葉や感情を読み取る能力はきちんと持ち合わせているのです。


さらに驚くことに犬は、飼い主だけではなく、他の人間の悲しみにも反応し慰めようとする習性を持っているのです。

人間の痛みを感じて、無意識に人間の痛みを和らげようとする本能があるようです。


ある実験では、まったく知らない人間と同じ部屋に犬を入れて、人間が悲しい表情を見せることをしました。

すると8割の犬が人間に近づいて、従順に癒しを与えるような行動をしたそうです。


犬は、人間の感情に深く同調し、心の痛みを共有しようとする生き物なのです。



【犬はベストフレンド】

犬と人間の歴史は一説によると、3万年前からずっと続いていると言われています。


最近の研究では、犬と人間の脳のメカニズムがとても良く似ていることが判明したそうです。


感情面ではお互いの気持ちを共有しあえる存在で、決して裏切ることのない大親友。

それが犬です。


健気に飼い主の帰宅を待ち、帰宅すると尻尾をちぎれるくらい振って喜ぶ。

飼い主を守ろうと必死に吠える。

飼い主の悲しみや苦しみを察して、優しい目で見つめてくれる。

いつもそばに寄り添ってくれる。


合わせて『犬の老い』もご覧ください。


お読みいただきありがとうございました。







posted by チャミーの父ちゃん at 06:48| Comment(0) | ペットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

『猫と人の相性について』




猫と人間の相性を考えてみましょう!


DSC2_0033.JPG


【飼い主にあう猫の種類は?】

猫の性格は毛並みによって決まっているという話を知っていますか?

2010年に発表された研究で、東京農業大学が首都圏の飼い猫244匹を調査したものがあります


調査した猫の種類は、

茶トラ、茶トラ白、キジトラ、キジトラ白、三毛、サビ、黒、白、白黒の9種類。


それによると、飼い猫の毛並みが飼い猫の性格に影響しているということが分ったのです。



〈トラ柄〉

トラ柄に共通してみられた性格は「甘えん坊」です。

それと「おとなしい」「おっとりしている」という特徴があります。


他の毛並みの猫に比べて目立った点が、

「攻撃的な面が一番低い」こと。

「食いしん坊」であることです。


特に「茶トラ」はフレンドリーで穏やかなので飼いやすい猫なのです。



〈キジトラ・キジトラ白〉

キジトラとキジトラ白で目立った特徴だったのが「人懐っこい」「好奇心旺盛」「賢い」です。

キジトラは自然界では、身を隠すのに一番好都合な毛並みをしているため、生存確率が高く、ハンターとしての能力が優れています。

ただ、茶トラと同じように「食いしん坊」なので、餌のあげ過ぎには注意する必要があります。



〈三毛〉

三毛猫は基本的にメスだと思ってください。

オスの三毛猫は、遺伝子の仕組みによって約3万匹に1匹しか生まれないのです。

ですから、三毛猫を見かけたらほぼメスと考えて間違いありません。


三毛猫の特徴は、「好き嫌いがはっきりしている」「マイペース」という面が強いです。

また「甘えん坊」「賢い」という特徴も見られます。


三毛猫はちょっと気位が高いプリンセスという感じでしょうか。



〈サビ〉

サビの毛並みを持つ猫の特徴は「臆病」です。

それと「わがまま」「気が強い」面があります。


サビ猫は、少しやんちゃなタイプのようです。



〈白と黒〉

白猫で目立つ特徴は「賢い」ことです。

真っ白という自然界では目立つ毛並みを持つ白猫は外敵から身を護るために慎重さが他の猫よりも強く求められてきたのかもしれません。

ですから、それが賢さにつながっていったようです。


黒猫で目立つ特徴は「甘えん坊」「好奇心旺盛」です。

黒猫はその見た目のダークなイメージからもらい手が少ないと言われています。

確かに夜などの暗いところでは光る目しか見えずに不気味に思えるかもしれません。

しかし、家猫ならそんな理由は関係ありません。

逆に黒猫が「幸運のお守り」と言われている説も存在しています。



【猫と人との相性は?】

ペットを飼う人間にも性格がいろいろあります。

飼い主と飼い猫で比較的相性の良い組み合わせがあります。


「甘えて欲しい人」 → トラ猫全般、三毛、黒、黒白


「遊びたい人」 → キジトラ、キジトラ白、黒、黒白


「野生的な猫が好きな人」 → キジトラ


「面倒見がいい人」→ 白


「マイペースな人」 → 三毛


「猫初心者」 → 茶トラ、茶トラ白


「猫と距離を持ちたい人」 → サビ


あくまでも参考として考えてください。


ただ、どんな毛並みをしていても、出会ってしまったら、飼ってしまったら、それは我が子です。

毛並みうんぬんではないと思います。


それにしても一口に猫といっても、本当に個体差があっていろんな性格の猫がいます。

つまり、猫としての本能と性質は共通しているが、人間のように個別の性格を持ち合わせているのです。

(人間と比べると違いは小さいほうです)


DSC2_0065.JPG



【猫の仕事は?】

そんなさまざまな性格や特徴を持っている猫ですが、

猫にも仕事があることを知っていますか?


猫なんて一日中寝ているだけじゃないか。

犬のように泥棒避けの番犬にもならないし、ネズミを捕るわけじゃない。


怠けて寝ているだけじゃないか。

そういう声が聞えてきますが、そうではありません。


猫は人間の友として古くから一緒に暮らしてきました。

その理由は、ネズミなどの害虫を退治してくれることから人間は猫を飼い始めたと言われています。


でも、現代の家庭でネズミ退治のために猫を飼っている人はほぼいないと思います。

では、猫は単なる居候なのか?

人間から餌をもらって食べて寝るだけの生活で呑気な毎日を過ごしているだけなのでしょうか?


猫を飼ったことがある人ならこんなことを思ったことはありませんか。

「いいな~毎日ぐうたらして寝てばかり。俺も(わたしも)猫になってみたい」


こういうわたしも飼い猫が羨ましく思ったことが何度もあります。

だって、いつもごろごろ寝ていてお気楽に見えるからです。


でも、飼い猫にはちゃんと仕事があるのです。


それは「飼い主を癒す」という猫(ペット)じゃないと出来ないことです。


猫は、その愛らしいしぐさと無警戒な寝姿などで、飼い主に「安らぎ」「和み」を与えています。

飼い主に「癒し」を与えることが飼い猫の仕事(役割)なのです


ですから、腹をだしてだらしなく寝ていてもいいのです。

それだからこそ、飼い主は和むのですから。


合わせてこちらもご覧ください。



お読みいただきありがとうございました。






posted by チャミーの父ちゃん at 07:38| Comment(0) | ペットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

『猫という生き物について』





猫という生き物をもっと理解しよう!


DSC_0556.JPG


【猫は気まぐれ?】

猫は好きじゃない。

なぜなら呼んでも来ないから。

犬好きで猫を好まない人の言い分です。


たしかに名前を呼んだら、すぐに飛んでくる犬は可愛げがありますよね。


でも、猫は気まぐれに見えますがちゃんと飼い主の言葉を聞いているんですよ

よ~く、見てみると名前を呼ばれた猫は尻尾を動かしたり、耳を動かしたりして、ちゃんと反応しています。(微妙な動きですが)

決して人間の言葉を無視しているわけではないんです。

(ただし、犬のような分かりやすいしぐさはしませんけど)


実は上智大学の研究で「飼い猫は自分の名前を認識している」という報告が出されています。

飼い猫は、自分の名前を飼い主に呼ばれたことをちゃんとわかっているんです。


これは、経験則から猫を飼っている飼い主さんはよくわかると思います。


わたしの飼っている猫もちゃんと名前を呼ぶと返事(にゃ~と鳴く)をしたり反応します。

だから事あるたびに名前を呼びます。

でも、たまに無反応に見えるときもありますけど。


とにかく人間のような言語を話すことはできませんが、自分の名前をちゃんと認識して飼い主の声(言葉)を聞いているということです。



【可愛すぎる猫のしぐさ】

思わず「キュン」としたり、「クスっと」笑ってしまう猫のしぐさがあります


〈ふみふみするしぐさ〉

「ふみふみ」これは猫好きにはたまらないしぐさです。


「ふみふみ」は、子猫のときに母猫のお乳の出を良くするために母猫のお腹を前足で交互に押すしぐさです。

これは大人の猫になってもするときがあります。


毛布などの柔らかいものに触れると、赤ちゃんのときの母猫の感触や幸せな気持ちを思い出して「ふみふみ」してしまうのです。

「ふみふみ」は甘えたい気持ちの表れなんです。

かわいいじゃありませんか!



〈すりすりするしぐさ〉

猫は飼い主に「すりすり」と顔などをこすりつけるしぐさをします。

これがまた、たまらない!


猫には、顎、頬などに匂いをだす臭腺があります。

猫が飼い主や自分のお気に入りの場所で「すりすり」するのはマーキングをしているのです。


飼い主に「すりすり」しているということは、飼い主に「大好き~!」と言っているのと同時に「飼い主は自分のものだよ」と言っているのです。

猫は自分の匂いがついていると安心するのです。


実は、爪とぎもマーキングの一つです。


他にもご飯などを食べたいときにすりすりして甘えてきます。



〈狭いところに入ってしまう〉

猫という生き物は基本的に「臆病」です

ですから、なにか不安や恐怖を感じると狭いところに身を隠します

それは単純に防衛本能なのですが、猫の場合それだけではないところがいい!


つまり遊び心で狭いところに入っていくんですね。

猫の本能なのでしょうけど、体がぴったりくっついてしまうような窮屈な狭いところに平気で入ります。

どうも狭いところは落ち着くようです。

愛らしくて、つい笑ってしまいますよね!



〈高い場所を好む〉

猫は高い場所を好みます

なにが驚くかって、その跳躍力はすごい

猫の何倍もの高さをひょいっとジャンプしてしまいます。


この跳躍力が同じ四つ足の生き物である犬との大きな違いです。

犬は前足と後ろ足は猫ほど違いがありません。

犬は長距離を走ることは出来ますが、猫ほどの跳躍力はありません。

その違いは後ろ足にあります。

猫の後ろ足をよ~く見てみてください。

前足と比べると同じ足といっても形状、大きさが全然違うことに気がつきます。

猫の後ろ足は跳躍するために存在しているかのような構造になっているのです。


では、前足は?

猫パンチするためにあるのか?

前足は獲物を捕らえるためにあるのです。

猫の爪は伸縮自在です。

出したり引っ込めたりできるようになっています。

獲物を取るときに後ろ足で地面を勢いよく蹴って前足の爪で獲物を捕らえるのです。


ですから、その本能として上から獲物を襲おうとする心理を持っています。

同時に高い場所は身の安全に繋がります。

ですから、猫は高いところが好きなんです。


高いところにひょいっと飛んでいく猫ってすごいです。



〈寝顔、寝姿の愛らしさ〉

猫の寝姿や寝顔には本当に癒されます。

飼い主と自宅にいることで安心しきって寝ている姿を見ると、仕事でのストレスもどこかへ飛んでいっていまします。


スヤスヤと安心して寝ている飼い猫をなでていると気持ちが落ち着いてきます。

それは人間の赤ちゃんの寝姿にも通じるものがあるのでしょう。



【猫は癒しを与える生き物】

気まぐれに思われてしまう猫ですが、癒しを与える存在という点では同じペットの犬に決して負けはしていません。


むしろ「和み」「安らぎ」は猫のほうに分があるように思えます。


猫は犬のようにせこせこしていないのがいいのです。


DSC_0826.JPG



飼い猫は飼い主を笑顔にしてくれます。

飼い猫は飼い主に生きる喜びを与えてくれます。

飼い猫に頼られることで、生きる力が湧いてきます。


合わせてこちらもご覧ください。



お読みいただきありがとうございました。



posted by チャミーの父ちゃん at 10:17| Comment(0) | ペットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする