2020年04月19日

『ペットと新型コロナウイルス感染に関する情報 ~ペットを守ろう~』




【厚生労働省からのお知らせ】

先週、猫も新型コロナウイルスに感染することをお伝えしました。


しかし、厚生労働省が4月17日に、ペットが新型コロナウイルスに感染する事例とQ&Aを公開しました。


厚生労働省によると、海外では人間から犬、猫に感染したと考えられる事例が複数あり、猫の呼吸器や消化器に症状が出た例も報告されていると、知らせています。

また、同じく海外では、動物園で飼育員から虎に感染した事例があります。


いまのところペットから人間への感染は確認されていませんが、新型コロナウイルスに感染した人間(飼い主)から動物(ペット)に感染する、ということです。


これはペットと自宅で自粛生活をする人たちにとってとても重要な情報です。


猫だけではなく、犬にも新型コロナウイルスが感染するのです。

犬を飼う人も注意が必要です。


4e9122e0b59d4e6d5f8fd8be34547023_s.jpg






【愛するペットを守るために】

ペットの命と健康は飼い主さん次第です。

自粛生活をする飼い主さんにとってペットは、“慰めてくれる存在”“癒してくれる存在”だと思います。


ですが、その愛するペットに飼い主が新型コロナウイルスに感染させてしまう可能性がある以上、飼い主の責任と愛情をもとにして注意が必要です。



〈ペットに感染させないために〉

・過度な接触は避ける。

・ペットの体調が悪いときは不必要な接触をしない。

・飼い主が口にした食事をペットに与えない。

・買い物や仕事から帰宅したら念入りに手洗いうがいを行う。

・ペットと接触した後は、手洗いうがいを念入りに行う。

・ペットに人間の体をなめさせない。(特に犬に顔をなめさせない)

マスクをしてペットと接触する。



そして、一番大切なことは

飼い主が3密を避けた生活を送り、新型コロナウイルスに感染しない


愛するペットを守るために、飼い主さんが新型コロナウイルスに感染してはいけないのです。


ペットは大丈夫だろう!

「俺は」「私は」感染しないだろう!

という“甘い認識”は捨てましょう!

愛犬、愛猫に“感染させてしまうかもしれない”と考えて生活しましょう。


444b8bd1ea65215559fe1bf83113d6a1_s.jpg

新型コロナウイルスは未知のウイルスです。

発生の原因が分かっていなくて、ワクチンもいまだ開発されていません。

つまり、新型コロナウイルスに感染した人を治す治療薬がないのです。

(現時点では、治療にインフルエンザ等の既存の薬品を使用している)


ペットに新型コロナウイルスが感染してしまった場合、治療は出来ません

獣医師にその知識も技術も医療器具もないからです。

感染した人間を治療する医師でさえ、この未知のウイルスに関しての専門家はいないのです。

人間の医師でさえ新型コロナウイルスのことを“よくわかっていない”のです。


ペットを飼っている飼い主であれば、ペットの命と健康を守ることがその責任です。

愛するペットを苦しめ、命を奪ってしたったのが、飼い主だとしたら、こんな悲しいことはありません。


愛犬、愛猫を飼い主が苦しめて命を奪ってしまうかもしれないことを想像しながら、自粛生活をしなければなりません。


現時点での新型コロナウイルス感染を防ぐ唯一の方法は、“自粛”(3密を避ける)ことです

(悲しいことですが・・・)


もう一度言います。

新型コロナウイルスは犬や猫にも感染します。

感染は人間から動物への感染です。

つまり、飼い主から愛犬、愛猫にウイルス感染するということです。


全国のペットを愛する飼い主さんに、家族同然の愛犬、愛猫を守るために、自粛し、新型コロナウイルスに飼い主さんが感染しない努力をすることを望みます。



厚生労働省のペットに関する新型コロナウイルス情報リンク先



お読みいただきありがとうございました。








posted by チャミーの父ちゃん at 12:48| Comment(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください