2020年07月24日

『犬の“間違った暑さ対策”と生まれ持っての使命』




【犬にサマーカットは必要??】

もうすぐ梅雨が明けて夏本番がやってきます!

今年の夏も猛暑になるようですね。


飼い犬の中には、モコモコの毛の犬や長毛の犬がいます。

夏はいかにも暑そうですね。


1749416_s.jpg


「ハッ、ハッ、ハー」と舌をだらんと出して、懸命に体温調節しようとしています。


ならば!と、“サマーカット”をして夏バテ防止、熱中症防止と考える飼い主さんもいるのではないでしょうか?


実はサマーカットは“逆効果”と言われています。

(科学的に証明されたわけではありません)


被毛は断熱材の役割をはたすため、被毛表面は熱くても内部の皮膚はそれほど高温にならないのです。


1890273_s.jpg



サマーカットをするとどうなるか?


サマーカットすることで逆に皮膚に直射日光が当たって高温になる

皮膚が露出することでケガをしやすくなる

皮膚が露出しているので、虫に刺されやすくなり、感染症のリスクが高まる


2542732_s.jpg


人間でも、頭毛が生えている理由は、直射日光から脳を守るためです。

もし、頭に毛が生えていなかったら、直射日光を浴びてしまい脳内が高温になってしまいます。


「毛」が生えているということは、そこに生物の生存に関しての意味があるということです。

(変な意味ではありませんよ!)


基本的に、人間以外の動物は暑さにも寒さにも適応できるようになっています。

人間が、余計なことをする必要はないのです。


人間は、“見た目”を気にしますが、当の犬にとっては見た目よりも機能重視なのです。

犬や猫はちゃんと夏毛に生え替わることで、暑さ対策をしています。


飼い主としては、気温が高い時間帯をさけて散歩するとか、室内飼いしているならエアコンをかけてあげるとか、風通しを良くするとか、自然と共生できる環境を用意してあげることが大切となります。



また、犬のためにサマーカットしたら、キレイな被毛に戻らなくなってしまうかもしれません。



ちなみに、一度サマーカットしてしまうと毛質が変わったり長く伸びなくなるポメラニアンなどがいますので、ご注意ください!



結局、サマーカットは人間の自己満足でしかないということです。

犬にとっては涼しくなるより、熱中症の危険が増す、ことになるのです。

ご注意ください!

2661957_s.jpg


〈犬の豆知識〉

「犬にサマーカットは不必要! 犬の身体は自然に対する適応能力を備えている」







【犬は飼い主のボディーガード】

飼い犬にとって家の中は最も大切な縄張りです。(室内飼いの場合)

散歩に行ったとき(屋外)には気弱な犬でも室内では強気になります。


散歩で他の犬に遭遇すると、シッポを巻いて「ご主人、助けて~!」と飼い主の顔を伺い逃げる犬でも、自宅に戻れば大きな顔をしてのさばります。

これを「内弁慶犬」と言います。


そんな内弁慶犬でも縄張りの自宅では勇敢です。


犬にとって自分の縄張りを守ることは宿命

飼い主を守ることが仕事


当然、その縄張りに入ってくるよそ者を追い払おうとします。

宅配便や郵便局などの人が来ると、激しく吠えます。


1649681_s.jpg


飼い主としては「静かにしなさい!」となるのですが、犬にしてみれば「縄張りが破られちゃう!」「飼い主が襲われてしまう!」とレッドランプが点灯する事態なのです。

危機感を持っているのです。

健気な奴じゃありませんか~!!



しかし!

犬は行動から学習する生き物です。

玄関チャイムが鳴ると「あの音(チャイム)が鳴るとよそ者がやって来る」と覚えます。

ですので、チャイムがなると犬は吠え出すのです。


チャイムが鳴って知らない人がやってきた。

縄張りを守るために吠えてやった!

そしたら、玄関先だけで帰って行った。

しめしめ!


1418666_s.jpg


すると犬はこう考えます。

「室内に入らなかったのは、自分が吠えて追い払った手柄なのだ!」

「飼い主を守ったぞ!」

と、したり顔。


あ~勘違い!


飼い主さんにとっては吠えられて近所迷惑にならないか心配となるところですが、これは犬の飼い主への愛情でもあるのです。

ご理解ください!


514716_s.jpg


犬は「飼い主さんファースト」なのです。

犬にとっては、「縄張りを守ること」「飼い主を守ること」が人生(犬生?)の重要事項なのです。


健気な奴じゃ!



〈犬の豆知識〉

「犬の使命は飼い主のボディーガード! 犬は生まれつきの防衛官(犬)なのです!」


514922_s.jpg


最後までお読みいただき、ありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 12:50| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください