2019年06月03日

『ペットロスを理解し、癒そう!(寄り添う)』





ペットロスを理解し、癒そう!(寄り添う)



ペットロスを理解し、癒すための言葉。


「ペットロスを癒すには、気持ちに寄り添って話を聞いてくれ、優しく語りかけてくれる人が必要」


ペットロスに限ったことではありませんが、人間って深い悲しみに打ちひしがれたときに孤独を抱えていると、立ち直るのに時間がかかってしまうのです。


ペットを飼ったことのない人、動物への愛情があまりない人からみたら、たかがペットのことじゃないか。

というような気持ちになりがちです。


それでも言いたい。

飼い主さんにとってペット(愛犬、愛猫)はとてもとても大切な存在なのです。


飼い主さんにとってペットは、愛しくて愛しくて仕方がない存在なのです。


ですから、そのペットとの別れは身を引き裂かれるような苦しみに襲われるものなのです。

そのときに、誰かが側に寄り添ってくれるのか、孤独の中で置き去りにされているのか、ということは大きな差を生んでいくのです。


孤独って、それだけで辛いんですよ。

そこに愛しいペットとの別れが加わったら精神は粉々になります。


粉々になったままだと、心の傷口が開いたような状態で生きることになります。

そう、痛みをずっと抱えたまま耐えて生きている人がいるのです。



もし、あなたがいまペットロスになっていたら、誰か話を聞いてくれる人を見つけてください。

身近にいなかったら、ネット上でもかまいません。

とにかくあなたの話を聞いてくれる人がいるといいのです。

話を聞いてくれる人が見つかったら、素直にそして正直に胸の内の言葉を吐き出しましょう。

決して恥ずかしくありません。



もし、あなたの身の周りにペットを失くした人がいたならば、そっと寄り添うように気にかけてください。

気丈に振舞っていても心の中では泣いていることを理解してあげてください。

そして、たくさん話を聞いてあげてください。

そしてその1割だけ優しい言葉をかけてあげてください。

聞くことが9割で話すことが1割です。

それで十分です。

決して自分の価値観や常識を押し付けないでください。

ペットロスの痛みは人それぞれです。


寄り添ってくれる人がいるだけで、ペットロスで苦しむ人の気持ちは軽くなります。

さらに楽しい思い出やペットへの深い思いを聞いてあげてください。

涙が流れて心の底に溜まっていた気持ちを吐き出せれば、だいぶペットロスの悲しみは癒されます。

そして、安易な励ましはせず、価値観、常識を押し付けずに、何気ない優しい言葉をかけてあげてください。

それだけで十分です。


そっとしておくことも時には必要ですが、ペットロスの深い悲しみにある人には寄り添ってくれる人の存在こそが必要なのです。


「寄り添う=優しさ」だと思います。


ペットロスの悲しみに寄り添ってくれる人がいることで癒しが始まる。

心の内の想いを聞いてあげることが癒しになる。

優しい言葉を一言かけてあげることで、その人は前に進むことができる。



images2H95VHAB.jpg



そんな深い悲しみを乗り越えるために「ハグペット」が力になってくれます。








posted by チャミーの父ちゃん at 16:37| Comment(0) | ペットロスを理解し、癒そう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください