2019年06月20日

『ペットロスを理解し、癒そう!(心の中に…)』



ペットロスを理解し、癒そう!(心の中に…)


ペットロスを理解し、癒すための言葉。


「ペットロスから抜け出すためには、愛するペットが飼い主の心の中で生き続けることが大切」


ペットロスの悲しみを乗り越えるためには、愛する我が子が天国に帰ったと信じること。

飼い主の心の中にずっと生き続けていることを確かめることが必要です。



亡くした我が子に思うことは、「別の世界に旅立っても、幸せでいてほしい」ではないでしょうか。

たとえ亡くなる前に病気などで苦しみがあったとしても、この世での生が終わった後は、天国で幸せに暮らして欲しいと願うものです。


Red-kitten.jpg

仏教ではよくいいます。

「善因善果」「悪因悪果」

これは良い原因の種を蒔けば、良い結果が実る。

悪い原因をつくれば、悪い結果がやってくる。


ペットは飼い主に慰めや癒し、生きる喜びを与えてくれていたのですから、善行を積んでいます。

だから、必ず天国へ帰ります。


ただ、あまりにも飼い主さんが悲しみ過ぎると、ペットもそれを見て悲しんでいるかもしれません。

でも、その涙はペットへの愛情なのだから、その愛情はペットに必ず伝わっていると思います。


愛らしいペットへ、感謝しましょう!

その飼い主さんの感謝の念がペットを天国へと引き上げてくれます。

それを信じることです。



それと死んでしまったから忘れるのではなく、気持ちに整理をつけながらも、ペットのことを心の中で大切にしてください。

忘れる必要はありません。


ですが、人間の記憶は時とともに薄れます。

薄れゆく記憶がゆえに、悲しみは癒されますが、愛したペットのことを忘れることはとても悲しいことです。


愛したペットを忘れないためにすべきこと。

それは、たくさんあります。

・ペットの写真を部屋に飾る。

・待ち受け画面にペットの写真を使う。

・パスワードに亡くなったペットの名前などを使用する。

・ペットが使用していた皿、首輪などを思い出として残す。

・遺骨を手元に置いて供養する。

・ペットの姿を絵にして飾る。

・ペットの愛らしい姿を立体的に残すためにオーダーメイドクッションをつくる。


やっぱり何らかの形として残さないと時間の経過とともに記憶が薄れて行きます。

ペットでなく、人間の我が子が親よりも先に亡くなったら、親は子のことを忘れますか?

忘れないでしょう。

ペットのことも同じです。


薄れゆく記憶と戦うためにも、ペットの姿、思い出、遺品という形あるものを手元におくことで、いつまでも愛するペットと共にいられます。



最愛のペットの生前の姿を残す最強の武器はオーダーメイドクッションの「ハグペット」です。

リンク先

ペットの生前の姿そのままの「ハグペット」はこちらから。





お読みいただきありがとうございました。
posted by チャミーの父ちゃん at 14:52| Comment(0) | ペットロスを理解し、癒そう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください