2019年05月30日

『ペットロスを理解し、癒そう!(一人では…)』






『ペットロスを理解し、癒そう!(一人では…)』



ペットロスを理解し、癒すための言葉。


「ペットロスの喪失感、失望感をひとりで乗り越えるのは難しい」



家族同然の愛犬、愛猫を失う出来事は、飼い主にとって非常に大きな衝撃を与えます。

その衝撃は、深く心を傷つけます。


ペットを失った喪失感は、経験したことがある人でないと理解することが難しいかもしれません。

それはある意味仕方がないことでもあります。

すべての人が同じ経験、同じ人生を歩むことはないからです。


ですが、ペットを飼ったことがない人の中には、「ペット=動物」と見て、ペットの死を人間の死よりも軽く考える傾向が潜んでいるのです。



もしあなたの身近にいる人が、その親や子供、友人などを失ったら、その人がとても悲しむだろうと思いますよね。

だから、家族(人)などを失った人へは、誰もが深く同情することができます。

人としてある程度人生を送っていれば、どこかで人の死に直面します。

ですから、愛する家族を失った人の悲しみを理解することも共感することも比較的簡単に出来ます。


でも、失った対象がペット(動物)だとすると、「たかが動物だ」「人間じゃないのだから」と考えている人が残念ながらいることは事実のようです。


ペットを家族と思って生きてきた人と、ペットを飼ったこともなければ飼いたいと思ったことのない人では、その考え方に大きな差があります。



でも、もしあなたの周りにペットを失くして悲しんでいる人がいたら、このことを理解してください。


「ペットは飼い主にとっては、大切な家族なのです」

「ペットを失うということは、飼い主にとって心を引き裂かれる辛い体験なのです」


それは人間の家族を失った悲しみと同様の辛い体験なのです。


ですから、そう簡単には悲しみが癒えることもないのです。

もちろんペットロスの程度には個人差がありますが、ペットロスの悲しみ、喪失感、失望感は飼い主の愛情が深ければ深いほど、悲しみも深くなるのです。


深い悲しみや後悔の念に縛られた飼い主がひとりで立ち直ることはとても難しいことなのです。

誰かの援助があってこそ、ペットロスの苦しみから抜け出せるのです。


ペットへの愛情が深ければ深いほどペットロスの苦しみは深まり、寄り添ってくれる人がいなければ立ち直りの時間は長くなるのです。


もし、あなたの家族や友人がペットロスに陥っていたら、寄り添ってあげてください。

ペットロスの悲しみをひとりで消化することは困難なのだと理解してください。


この言葉を覚えておいてください。

「ペットロスの喪失感は想像以上に深いものなのです」

「誰かの助けが必要なのです!」


もし、あなたの大切な人がペットロスで苦しんでいたら、そっと寄り添ってあげてください。



e304b8ce03f09e3292e851d9fad6e97e3b4b0714_xlarge.jpg



そんな深い悲しみを乗り越えるために「ハグペット」が力になってくれます。









posted by チャミーの父ちゃん at 15:49| Comment(0) | ペットロスを理解し、癒そう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください