2019年06月02日

『ペットロスを癒す曲(平井堅half of me)』





ペットロスの悲しみ癒してくれる名曲!(平井堅)



【ペットロスを癒してくれる名曲(half of me)】

平井堅さんの『half of me』という楽曲を聴いたことがありますか?


「half of me」という曲は平井堅さんが約10年間未発表として密かに温めていた曲で、LIVEに訪れるファンにのみ届けられてきたラブバラードです。


しっとりとしたピアノの調べと平井堅さんの透明感のある歌声からつむぎだされる言葉は、切なさの世界観に瞬時に引き込まれ、なぜか愛犬(愛猫)への愛おしさを蘇らせる一曲なのです。


曲そのものは恋愛の歌であり、ペットロスのために書き下ろした曲ではありませんが、この曲の中にペットへの愛情とペットとの絆を感じさせる世界観がたっぷりと含んでいます。


『half of me』は、恋人たちの10年後の未来を歌った楽曲でありますが、平井堅さんが曲に込めた思いを語っています。

「決してひとつになれないけれど、だからこそひとつになりたいと願う。生きるということは、空白の半分を、欠損の半分を探す旅なのかもしれない」

「大切なものを失い、その失ったものを探し求めながら生きること」

そんな思いを書きました。


この言葉には、普遍的な意味が含まれていると私は感じました。


ペットという大切な家族を失い、その悲しみや痛みを抱えて生きていく。

ペット(愛犬、愛猫)との思い出をずっと胸に秘めて生きていく。

かけがえのない愛犬、愛猫の生前の姿をずっと探し求めながら生きていく。

忘れたくない。

愛する愛犬(愛猫)との思い出を大切に生きていく。


そんな飼い主さんの気持ちと読み取ることが出来る曲だと感じます。


ペット(愛犬、愛猫)という大切な存在を失い、自分という存在の半分が欠けてしまったような感覚に襲われるのがペットロスです。



【泣けるポイント】

あたりまえはいつももろい 君がいない世界が待っている
いつものような僕でいられるけど 誰にも気づかれずに泣いていた

ペットを失うということは愛犬(愛猫)がいない世界に取り残されるということです。

その悲しい世界で痛みを胸に抱えて泣いているのが、ペットロスの飼い主さんです。


何を見ても何に触れていても 二人で分け合った事に気づく

ペットと過ごした部屋、ペットの小屋、ご飯の皿、首輪、布団、おもちゃなどには、大切なペットとの過ごした思い出が詰まっています。

一緒に過ごした時間の中で飼い主さんとペットはいろんなものを分け合って生きてきたのです。

だから、何を見ても悲しくなります。


人はどうして叶えられぬものを 引きずりながら生きていくのだろう?

もう逢えないと分かっていながら、逢いたいと願うのが飼い主さんの切ない思いです。

その切なさを抱えながら生きているのです。


僕はこれからも探すのだろう 失われた半分を

ペットは飼い主さんにとって分身です。

失われた半分です。

飼い主さんは、ずっとペットとの思い出を忘れません。

あなたが愛した愛犬、愛猫も飼い主さんのことをずっと忘れないと思います。



『half of me』平井堅

ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』主題歌

作詞:平井堅

作曲:平井堅

編曲:亀田誠治



〈歌詞〉

飲み物でも買いに行くように 君は「じゃあね」と言った

閉めたドアの音が重く響いて この胸を引き裂いた


君が置いていった雑誌には コップのシミが出来て

乾いて消えるかと思ったら 痣のように残った


あたりまえはいつももろい 君がいない世界が待っている

いつものような僕でいられるけど 誰にも気づかれずに泣いていた


何を見ても何に触れていても 二人で分け合った事に気づく

窮屈だった夜ほど愛しくて 痛みだけがそばにいた


新しいキスをいくつもして 塗り替えたつもりでも

君という空白は埋まらない あの日からずっと


抱えた傷は形を変え いつしか体の一部になる

人はどうして叶えられぬものを 引きずりながら生きていくのだろう?


何を見ても何を感じてても 二人で分け合った事にきづく

僕はこれからも探すのだろう 失われた半分を


何を残し何を捨てればいい? 何を忘れ何を願えばいい?

誰もが迷い探し続けてる 壊れやすい永遠を


失われた半分を




平井堅さんの『half of me』を聴いてペットロスの悲しみを癒してください。


リンク先




012.jpg



「ハグペット」は、ペットロスの悲しみを乗り越えるための必需品です。









posted by チャミーの父ちゃん at 11:50| Comment(0) | ペットロスを癒す曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください