2020年07月03日

『猫が公務員?! ~猫に敬意と愛情を注ぐ紳士の国イギリスの話~』



『猫が公務員?! ~猫に敬意と愛情を注ぐ紳士の国イギリスの話~』


猫の公務員がイギリスにいることを知っていますか?

猫好きなら当然ですよね!


そんなイギリスの猫たちを紹介します。




【正式な公務員資格を持つたち】

イギリスに公務員として働く猫がいるというと、知らない日本人はちょっと驚くと思います。


ダウニング街10番地などには「首相官邸ネズミ捕獲長」と呼ばれる勇敢な(?)猫たちがいます。

正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国首相官邸ネズミ捕獲長」というなんとも長ったらしい役職名がついています。

(ダウニング街10番地は首相が居住する官邸の住所)



役職名が示すように彼ら(猫たち)の仕事はネズミ退治です。


ダウニング街では昔からネズミが多く住みついていたため、その対策として猫をネズミ捕獲兼ペットとして「雇う」という習慣が1500年代初期からあるのです。

1924年からは「首相官邸ネズミ捕獲長」として正式に「雇用」されているのです。


なんと、驚き!

給料は?

有給休暇はあるのか?



〈殺し屋の猫たち〉

ネズミが出て困るというのは、日本の都市部ではいまではほとんど聞かなくなりました。
(それでもネズミはいると思います)

でも、欧州では石造りの古い建物が多いのでネズミがでるのでしょう。


2015年のレポートでは、1年間で実に11万ポンド(日本円にして1571万円)がネズミ駆除費として使用されたといいますから、ネズミ退治はイギリスにとって深刻な問題なのですね。


そんな深刻なネズミ退治に貢献しているのが、ネズミ捕獲長の猫たちなのです。

その歴史は古く、創設は16世紀。

ヘンリー8世の時代に、トマス・ウルジー枢機卿が執務室に猫を伴っていたことが起源とされています。

ですから、かれこれ4世紀の歴史を持っているということです。


ネズミ捕獲長の彼らは、「殺し屋としての本能」を認められ、雇用されている歴史と由緒ある猫たちなのです。



〈補足説明〉

ダウニング街は、イギリス・ロンドン中心部のホワイトホールに位置する街区。

ダウニング街は、いわゆるイギリス首相官邸を示す代名詞となっている。


首相官邸は、ダウニング街10番地。

財務大臣官邸は、ダウニング街11番地。

院内幹事長官邸は、ダウニング街12番地。



役職名に関しては「ネズミ捕獲長」という呼び名を「主席ネズミ捕獲官(Chief Mouser)」と呼ぶことがあるようです。




【趣味は散歩と昼寝のラリー】

ラリー(Larry)


CnSev0VUEAAnINk[1].jpg


ふさふさとした毛並みが立派な茶と白色のトラ猫のラリーは、元々野良猫。

ネズミ捕獲長の「シビル」が2009年に死去したのを受け、2011年に動物保護施設「バタシー・ドッグス・アンド・キャッツ」からやってきた猫です。

官邸で暮らすようになったラリーですが、昼寝が大好き。

昼寝と散歩を自由に楽しんでいる様子から「殺し屋としての才能がない」と嘆かれています。


2012年にはジョージ・オズボーン財務相の愛猫フレイアが新ネズミ捕獲長として就任。

フレイアが2014年に官邸を去るまで、ラリーは彼女とその座を分かち合ったといいます。


2015年にキャメロン首相が官邸を去るときに残した言葉は有名です。

「ラリーは公務員であり、一家のペットではない。これからも首相官邸で勤務を続ける」


Larry_Chief_Mouser[1].jpg


なかなか憎い言葉をはきますね。

日本人には言えない台詞かも。




【働き者で紅茶好きのパーマストン】

パーマストン(Palmerston)


C-oC_HDUQAAVTeB[1].jpg


ラリーの登場から数年後に外務省へやってきたのがパーマストン

パーマストンは、タキシード猫と呼ばれる手足が白色の黒猫


外務省内でラリーのような専属ネズミ捕獲長を、と望まれて就任が決まったのだ。

彼もまた動物保護施設「バタシー・ドッグス・アンド・キャッツ」出身の猫。

「大胆で社交的」な性格が選ばれた理由だという。

名前の由来は、19世紀に外務相や首相を務めたパーマストン卿にちなんでいる。


i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FKarapaia%252FKarapaia_52251238_2[1].jpg



ですが、首相官邸のラリーとは“犬猿の仲”で、夜な夜な激しい権力闘争(ケンカ?)をしているところを報道機関に目撃されているとか。


Karapaia_52232136_43c1_1[1].jpg


そんなパーマストンの好物は、なんと「紅茶」だそうです。

さすがイギリスの猫って感じでしょうか。

パーマストン、は官邸猫の中でも高い人気を誇る猫なのです。




【サービス精神旺盛なハンサムキャットのグラッドストーン】

グラッドストーン(Gladstone)


unnamed[1].jpg


ラリーやパーマストンに影響を受けた形で、財務省の元事務次官代理ジョン・キングマン氏が、これまた「バタシー・ドッグス・アンド・キャッツ」から迎えたのがグラッドストーン。

グラッドストーンは、全身真っ黒の正真正銘の黒猫


グラッドストーンは就任1カ月で6匹のネズミを捕獲する大活躍を見せたとか。


施設では「ティミー」という名で呼ばれていたそうなので、改名ということでしょうか?

施設にいるときは「早食い」でその名をとどろかせた、といいます。

(要するに食いしん坊なのか?)


グラッドストーンという名前は、19世紀に財務相を務め、後に首相になったウィリアム・ユワート・グラッドストーンにちなんだ立派な名前です。


Gladstone_a_year_in_Treasury_(1)[1].jpg

グラッドストーンはいつも、赤と白の水玉蝶ネクタイをつけたオシャレな猫でもあります。

きっと英国紳士のつもりなのでしょう。

(つもりなんていうと、グラッドストーンが怒りそうです)




【広い管内を親子でパトロールするイービー&オジー】

イービー(エヴィ)&オジー(Evie & Ossie)


evie[1].jpg


内閣府にいるのは親子猫イービーとオジー

こちらは、動物保護施設「ザ・シリア・ハモンド・アニマル・トラスト」の出身。

イービーとオジーは内閣府のオフィスからは出ずに、4楷建ての建物の中を親子で走り回っているとか。


口元と足の白い白黒猫がイービー(母猫)。

フサフサした毛の黒猫が息子のオジー


イービーの名は、初の女性事務次官エブリン・シャープから、オジーの名は、公務員が特別委員会の証言を行う際などに用いられる規定を策定したエドワード・オズマザリーから取られたものだそうです。



いずれの猫たちも、世話をしているのは専用のスタッフのようです。




【猫が社会とともにあるイギリス】

イギリスって、素晴らしいな~と思います。


猫に公務員資格を与える?

日本では考えなれないことでしょう。

そこにはユーモア精神と英国の騎士道精神が横たわっていて、なおかつ猫と人間が共存しあう思想と習慣があります。


そこには、猫の存在価値を認め、猫という生き物を大切にし、ある種の敬意を表しながら、愛情をもってともに暮らす姿があります。


また、猫につけられた名前をみると、日本とは違った文化があるようです。

それは政治家を尊敬する国民性です。

イギリスという国では国の指導者である首相や大臣などの政治家という職業の人たちが尊敬されている、ということがネズミ捕獲長の名前から読み取れます。


日本で「晋三」とか「太郎」とか「百合子」などという名前が猫につけられることは、無いかな~と思います。

(あくまでも可能性のこと)


それと動物保護施設の役割が良い!

日本の保護猫を保護する団体は、里親探しはしますが、それ以外の方法が眼中にないようです。

日本においても、もしかしたら、イギリスの保護団体のように里親探しだけではない猫の役割や仕事を探してみるのもいいのかなと思います。



また、ネズミ捕獲長のという職業を正式に国家が認めている、という点も素晴らしい。

まさに猫と人間の共存する理想的関係といえるでしょう。


日本の首相官邸や議事堂でネズミが出るかどうかは知りませんが、たとえネズミが出たとしても、「じゃあ猫に退治させよう!」という発想がまず出てこないでしょう。


日本人は発想が貧相なのかな、と思ってしまいます。

紳士の国イギリスに我が日本も学ぶべき点があるということでしょう。


日本の猫たちの地位向上を願います!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。




posted by チャミーの父ちゃん at 13:13| Comment(0) | 犬と猫のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください