2020年02月06日

『猫の不思議3(水飲みと赤ちゃん)』



【猫の水飲みの不思議】

猫は不思議な生き物です。

理解に苦しむこともしばしば。


「なんで用意した水を飲まないの!」

せっかくお皿に新鮮な水を入れて用意したのに飲んでくれない。

そんなことありませんか?


しかも、植木の水、お風呂の水、仏壇のお供えの水、金魚鉢の水などまったく予期せぬところで水を飲んでいることがあります。

water-cat2.jpg


なんで?? って思いますよね。


猫には人間には理解できない「こだわり」があるのかもしれません。


はっきりしていることは、猫は小さな器に入った水よりも新鮮な水を好むことです。

蛇口から流れる水が新鮮とわかると、飼い主さんがキッチンに立つと「水をだして」とおねだりする猫もいます。


resized_f44aacc3-0e5c-4528-a275-05a1cd712fda.jpg


おすすめは噴水型の自動給水器です。

器の水が電気で循環しているので、猫には新鮮な水が湧き出ているように見えるのです。

これを猫だまし、と呼びます。(冗談です)


wannyan_251804.jpg


〈猫の豆知識〉

「猫は本来砂漠地帯の生き物。貴重な水についてはこだわりがある。猫は新鮮な水を好む!」




【猫と赤ちゃん】

猫は気分屋。

ツンデレ。

好き嫌いがはっきりしている。

なんてよく言われますよね。


でも、人間の赤ちゃんに耳や尻尾を掴まれても無抵抗で耐えています。

不思議ですね。

決して猫パンチなんてしません。

ましてや必殺の猫キックなんて絶対にやりません。


7af82fe6272c34839767c46cbd225b7b_t.jpg


なぜ?


不思議なことに猫は人間の赤ちゃんに対してかなりの我慢強さを発揮します。

猫は赤ちゃんが弱く保護する対象であり、攻撃してくる敵ではないと思っているのでしょう。


これは赤ちゃんのベビースキーマ(「かわいい」「守りたい」という気持ちを起こさせる、姿・形のかわいらしさ)を見て、猫も攻撃性を抑制するのではないかと考えられています。


co_32_01.jpg


また、猫はニオイで自分の子供を区別しますが、他の子猫が鳴いていても反応をしてしまいます。

クールに見えて意外と博愛主義なのかもしれません。



〈猫の豆知識〉

「猫は弱者に優しい生き物!」



お読みいただきありがとうございました。




posted by チャミーの父ちゃん at 13:14| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください