2019年10月30日

『犬と猫のルーツは同じ!?』




【すべてはミアキスから始まった!】

犬と猫のルーツ(先祖)が同じって、知ってましたか?


犬と猫の元をたどると、食肉類の祖先「ミアキス」から始まったと言われています。

今から約5500万年前、恐竜の絶滅後にまもなく登場した「ミアキス」という生き物が犬と猫を含む食肉類の始まりだとされています。


miakisu-thumb.jpg

マジかっ!

って、思いませんでしたか?


まさか犬と猫の先祖が同じだなんて思っていなかったでしょう!

現代の犬と猫はまったく別の生き物にしか見えませんよね!



〈犬に進化したミアキス〉

平原に出たミアキスは進化を重ね、現在の家イヌの祖先となります。

隠れる場所のない平原では、獲物を狩るために速く走れる足を持つものが生き残り、さらに単独行動をやめて集団で狩りをするようになりました。

さらなる効率化となる進化を経て、社会的な群れを作って暮らすようになったのがオオカミなのです。

そして、その中から人間と共存できたものが現在の家イヌへと発展していったのです。



〈ネコに進化したミアキス〉

一方、森で暮らしたミアキスは、家ネコの先祖になります。

森では獲物を頭上から襲うため、木登りに適したしなやかな体に進化しました。

そして、森を出てサバンナで暮らすようになったのが現在でもアフリカに生息するリビアネコなのです。

その後、リビアネコの仲間が家畜化され、現在の家ネコが誕生したと言われています。




スクリーンショット%202013-08-27%2010.19.16.png


〈犬と猫の豆知識〉

【ミアキス(犬と猫の祖先)】

分類:哺乳網食肉目ミアキス科

体長:約30㎝

生息地:ヨーロッパ、北アメリカ

出現:5500万年~4800万年前

特徴:尻尾は長め。頭蓋骨は大きい。スリムな胴体と短い足。


お読みいただきありがとうございました。




posted by チャミーの父ちゃん at 18:45| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください