2019年11月24日

『犬のふしぎな習性3(隠しものと片足あげ)』




【犬の隠しもの】

犬の不思議な習慣に“ものを隠す行動”があります。

犬にはもともと食べ残しを埋める習性があります。

地面に穴を掘って埋めておくことで食べ物が腐りにくくなったり、他の動物に横取りされるのを防ぐことができたりするからです。


ペットの犬にもこの習性は残っています。

庭で飼っている犬は地面を掘ってその穴におやつなどを隠します。

室内飼いの犬の場合は、残念ながら掘れる場所がありません。

なので、ソファーの下とか布団の中などにお気に入りのものを隠したりします。

室内飼いの犬の場合、お気に入りのおもちゃを隠すことが多いようです。

飼い主さんからすると、「なんでそんなものを?」と思うものでも、犬にとっては大切な宝物なのです。


ただし、たいていの場合、当の犬も隠したことを忘れてしまうことが多いようです。


〈犬の豆知識〉

「犬は、大切なものは穴を掘って隠しておく!」

maxresdefault6.jpg



【片足を上げる犬】

こんなことありませんか?

散歩の途中で犬が、ピタッと止まって、ジッーとどこかを見つめている。

そのときになぜか片方の前足が浮かんでいる


この片方の前足だけ上げてジッーとしている行動は「ポインティング」と呼ばれる獲物を見つけたときのポーズなのです。

犬は、獲物に勘づかれないように静止しつつ、いつでも飛びかかれるよう前足をあげて準備しているのです。

このとき後ろ足も必ず立った状態で緊張感を保っているのです。


ポインターと呼ばれている犬種は、このポーズによって猟師に獲物の居場所を教えることから名づけられました。


〈犬の豆知識〉

「犬は、獲物に気づくと片足をあげてチャンスをうかがう!」

Blackpointerdog.jpg

お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 17:58| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください