2020年05月29日

『犬の困った行動2(食糞とお尻を向ける)』





【食糞はやめて~!】

飼い犬の食糞に悩む飼い主さんは多いようです。

(食糞とは、犬が排泄した自分の糞を食べてしまうこと)


食糞?


ありえね~!

と、人間ならなりますよね!


でも、どうして犬は糞を食べてしまうのでしょうか?



飼い主としては、愛犬の健康を心配してしまいます。

ですが、健康な糞なら食べてしまっても害が出ることはありません。

大丈夫です。


ただ、飼い主としては“やめてもらいたい”行為の一つですね。


犬が食糞をする理由は複数考えられています。

一つは食べ物のニオイが残っていること。

もう一つは、気になるものとして口にくわえ、弾みで飲み込んでしまうこと。


また、母犬は子犬の糞を食べて処理するという習性があり、子育て期間が終わってもその習慣が残っていたり、子犬が母犬の行動を真似て自分も糞を食べて処理するようになった、ということも考えられます。



そして、最も有力な理由が、トイレ以外の場所で糞をしたなどで飼い主に叱られた、または糞をしたこと(ニオイなど)を飼い主が嫌がったこと。

そのため飼い犬は、「ウンチをすると叱られる。じゃあ、ウンチを食べて隠してしまおう」と思ってしまうのです。


292407_th320.jpg


これが飼い犬における食糞の一番大きな原因ではないかと思われます。



実は、2年前に亡くなった我が家の愛犬も食糞をしていました。

それは、世話をしていた息子が糞の片付けをするのに「ニオイを嫌がった」からと私は思っています。


世話をしてくれる飼い主(息子)が、糞をすると困っている、嫌がっている、そのことを見て食糞をすることによって飼い主に嫌われないようにしようと考えた、と思っています。


このことが当たっているとすると、大事なことは、いくら糞が臭くても飼い主が怒ったり、嫌がったりしてはいけない、ということです。


犬にもプライドがあるのかもしれません。



〈犬の豆知識〉

「犬は飼い主に“嫌われたくない”“怒られたくない”という気持ちから食糞してしまう!」






【尻を向ける犬】

最近では犬も室内飼いが増えました。

中には飼い主の布団(またはベッド)に寄り添い寝ている犬もいるでしょう。


そうしたときに、ふと目を開けると、愛犬がお尻をこちらに向けて寝ている

なんてことありませんか?


IMG_20181020_131048.jpg


嫌がらせ?


なんて思ったりもします。


ですが、事実は逆で、これは“信頼の証”なのです。


犬に限らず人間でも、前方から来たものはすぐに確認できても、後方から来たものはとっさに対応できません。

ですから、犬は警戒している相手に背中を向けません


また、野外で寝るときは背後を警戒しなくていいように洞窟や樹木を背にしたり、仲間どうしで背中をつけ合ったりして死角をなくします。


それと、お尻のニオイは犬の個人情報ですから友好的な相手にしか嗅がせません



つまり、飼い主にお尻を向けて寝ているということは、「完全に信頼しています」「あなたに背後を守ってもらえるから安心して寝ています」という意味なのです。


さらに言うと、犬が後ろ足を真っ直ぐに伸ばし、お腹を床につけて寝ていることがありますが、この姿勢だととっさに立ち上がれません。

このポーズで飼い主さんに背を向けて寝ているのは、完全に飼い主さんに心をあずけている状態なのです。



〈犬の豆知識〉

「犬が無防備なお尻を飼い主に向けるのは、最高の信頼の証なのです!」



お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 13:41| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください