2019年11月29日

『犬の身体について1(利き腕と視力)』



【犬にも利き腕(足)がある?】

犬にも利き腕(足)があるって知っていましたか?

42fb2ab37086d987ff35efc854e2cb6b_s.jpg


飼っている犬の利き腕が知りたかったら、ちょっとだけイタズラをしてみてください。

それは犬の額(おでこあたり)にシールを貼り付けてみてください。

そのときに犬がどちらの前足でシールを取ろうとしているか?

このときシールを取ろうとしている前足が効き腕(足)ということになります。


実は、さまざまな実験からオス犬は左利きメス犬は右利きが多いと言われています。

前足以外にも「利き目」「利き耳」「利き鼻」もあります。

このように左右対称の器官のどちらかを優先的に使うことを「側性」といいます。


ちなみに、右利きの犬は右側の視界に注意しやすく、左利きの犬は左側の視界に注意しやすいという実験結果もあります。

利き手と注視しやすい視野は連動しているようです。


他の犬の臭いを嗅ぐときには右の鼻孔を、人の臭いを嗅ぐときは左の鼻孔を使う傾向があるとも言われています。

他にも慣れない臭いを嗅ぐときにはまず右の鼻孔で嗅ぎ、慣れたら左で嗅ぐ傾向があるとも言われています。

3a483b63c0c474bbf9a0c902c1cb79a5.jpg


〈犬の豆知識〉

「犬には利き腕(足)、利き耳、利き鼻などがあって、状況によって使い分けえている!」




【犬の視力】

飼い犬がテレビの画面をじっーと見ていることはありませんか?


犬の視力は0.2ほどといわれ、視力自体はそれほどよくありません。

色もほとんど見分けられず、青と黄色が少々見分けられる程度です。


ですから色鮮やかな画面や細かい画像は犬にとってあまり意味がありません。

犬が優れているのは動体視力

そのため人間には問題なく「流れる映像」として見えるものでも、犬には「止まった画像の連続」に見えている可能性が高いのです。

そういった意味で犬にとっては現実の世界とは異なるテレビ番組は、「不思議な世界」に見えているかもしれません。


はっきり言えることは、人間が見ている映像とはまったく違った印象を持つ映像に見えているということです。


一度、犬になってどんな世界を見ているのか確かめてみたいものですね!

resized_68a10e5f-58f5-4fe4-b46c-dfad1cadd279.jpg


〈犬の豆知識〉

「犬にはテレビ番組は、不思議な世界に見えている!」



お読みいただきありがとうございました。


愛犬用おやつ型サプリ【わんか~む】


posted by チャミーの父ちゃん at 14:47| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください