2019年03月22日

『オーダーメイドペットクッションの商品比較』




オーダーメイドペットクッションの商品比較



愛するペットを身近に感じられる商品(ペットクッション)の材質、性質などを他社製品と比較して見ていきましょう。



1. 「材質」


【いかに肌触りが良いか】


クッションですから、やっぱり肌触りは大事ですよね。

しかも愛するペットの姿のクッションですから、抱きしめたりなでたり触ったりするものですから、人の肌になじむものが良いです。


材質はペットクッションを作る会社で多少の違いがありました。

その材質の種類は、

・コットン(綿)

・綿麻生地

・オーガニックコットン

・ポリエステル

などです。


だいたいこのうちのどれかでペットクッションは出来ています。

(表面の材質です)


なかには裏面がふわふわモコモコの材質のものでペットクッションを作っているところがありました。

(材質はおそらく繊維だと思われます)


サン・オリオン社「ハグペット」の材質はポリエステル、綿です。


ですが単にポリエステルだけではなく、複数の糸を刺しゅうのように縫い合わせますから、ただのプリントしたペットクッションとは違います。


プリントのペットクッションでは味わえない肌触りがハグペットでは味わえます


concept06.jpg



2.「印刷、プリント技術」


【いかに本物に近づけるか】


わたしが調べた限りにおいて、糸を使って刺しゅうするオーダーメイドのペットクッションはハグペットともう1社しかありませんでした。


サン・オリオン社以外の糸を使用して刺しゅうするペットクッションをしているところは、残念ながらスクエアタイプしか販売していません。

つまり、ペットの姿をかたどったタイプのクッションがないのです。

選択肢が狭くなりますね。


それに比べてサン・オリオン社のハグペットはシェイプタイプとスクエアタイプの両方があります。


その2社以外は、基本的にプリントです。

プリントの技術に多少の違いはあるものの、プリントですから平面的な仕上がりとなります。


やはり、よりリアルな感じを出すにはハグペットのように糸で刺しゅうしたペットクッションの方でしょう。


サン・オリオン社のハグペットなら、プリントでは表せない深みのある姿が再現されます


concept03.jpg



3.「耐久性」


【耐久性は良いか】



クッションは当然汚れたり水に濡れたりすることがあります。

そんなときに色あせてしまってはせっかくのペットがかわいそうです。


オーダーメイドのペットクッションを製作しているところのほぼ全部が基本的に写真のプリントです。

プリントですと、どうしても耐久性が弱いです。

そうなると長く一緒にいられません。


さらに注意しなければならないのが、直射日光です。

プリント式のペットクッションは、直射日光に弱いという欠点があります

ですから購入時に、直射日光を避けてくださいと言われるか、注意書きに記されているはずです。


しかし、サン・オリオン社のハグペットは糸で刺しゅうされたものですから、水に濡れても直射日光にあたってもすぐに劣化しません

(もちろんどんなものでも経年劣化というものはあります)


ハグペットは、圧倒的に他社製品と比べて劣化しにくいという特徴があります


可愛いペットの姿が色あせてしまっては、悲しくなってしまいますよね


ですから、わたしからの助言はとしては、あまり安いものに走らないほうがいいとお伝えします。


やっぱり、大切なペットのアバターであるペットクッションと長く付き合いたいですよね。


main_quadrilateral.jpg



【結論】


材質の良さ、リアル感(立体感)、耐久性を比較しましたが、リアル感と耐久性において圧倒的にサン・オリオン社のハグペットが優れていると思います。



ずっと、ずっと、在りし日の姿を


いつまでも楽しい思い出を忘れさせないでほしい


愛するペットにいつまでもそばにいて欲しい


リンク先



お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 06:54| Comment(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください