2020年09月25日

『猫は謎多き生き物(猫の心理と性格)』





【兄弟でも柄が同じでも全然違う性格】

猫は一度に数匹子猫を生みます。

遺伝的に毛の柄(がら)は似ることが多いです。


トラ柄が多い兄弟だったり、サビ柄が多い兄弟だったりと。


でも、一緒に生まれた兄弟猫でも性格はまちまち。


ある方の猫はトラ柄の猫。

近くにもらわれた兄弟猫2匹も同じトラ柄。


でも、もらわれた兄弟のほうは、「ビビり」で「人見知り」。

その方が飼っているトラ猫は「誰にでもお腹を見せる甘えん坊」。

一緒に生まれたのに随分違う。


3056884_s.jpg


人間の場合、双子だと似たような癖があったり、同じタイミングで同じことをしたりすることがあるそうです。


猫の場合、見た目はそっくりで見分けがつかないけど・・・。

性格がまるで違う。


これはどうして?



遺伝子的にみると、同じ柄で血縁関係のない猫よりも、兄弟の方が遺伝的に似る可能性は高いです。


ただし、猫は一度の出産で生まれた同士でも父親猫が違う場合があります。(外猫の場合)

猫の場合、複数のオス猫の子を同じタイミングで妊娠するからです。


また、生育の環境や飼い主さんの接し方などが影響することもあります。


猫という動物は「臆病」な生き物です

これは「やんちゃな猫」でも「暴れん坊猫将軍」でも、猫という基本的性質として「臆病」という性質が宿っているということです。



2547531_s.jpg


ですから、生まれてから「何か怖い思いした」「とてもびっくりした」などと子猫のときの経験がその後の性格に現れることもあります。


人間とちがって、猫の場合一度「怖~い」思いをすると、ずっと忘れません。

トラウマになってしまいます。

人間が知性や理性を発達させて克服するようなことはできません。


ですから、まだ小さい子猫のときに「怖~い」思いをさせないことが大切です。


2809620_s.jpg

一番大切なことは「飼い主さんへの信頼」です。

ビックリたまげても、ビビっても、飼い主さんが優しくしてくれることで、猫は安心していきます。

飼い主さんがいるから大丈夫、と思ってくれれば、猫は本来ののびのびした性質を発揮します。



〈猫の豆知識〉

「猫にも持って生まれた固有の個性がある!」






【猫は謎多き生き物】

猫好きな人でも猫の気持ちが分からなくなるとき、ありませんか?


隠れて1匹で過ごしていたかと思いきや、部屋に戻って飼い主さんの膝に乗ってくる。

「おいで~」と呼んでも来なかったのに、トイレから出ると“出待ち”している。


「気まぐれ」なのは分かっていたけど、理解不能に陥ることもしばしば・・・。


3868100_s.jpg

実は、猫という動物は犬と並んで長年人類の友として連れ添ってきた動物なのですが、犬ほど研究が進んでいないのです。

そのため他の動物と比べるとその生態は謎が多いのです。


動物心理学の研究では「ごはん」を使う実験が大半ですが、猫は「ごはん」につられにくいため、この実験方法が使えません。


また、猫の性格上、知らない場所に連れてこられて、知らない人に囲まれる環境での実験はほとんどの場合はうまくいきません。

(猫かぶってるんですね~!)


3598874_s.jpg

猫の研究が今後進むこと期待しましょう。



ですが、一番大切なことは、飼い主さんが愛猫のことを深く理解してあげることです。

そのためには日頃の観察が重要です。

「何に反応するのか?」

「どんな行動パターンがあるのか?」

「性格はビビりか、やんちゃか?」

「どんなおもちゃが好きか?」

「何に興味を持つのか?」


じっくりと観察していれば、愛猫を理解することができます。

「理解する」とは、「愛する」ことなのです。


3460519_s.jpg


〈猫の豆知識〉

「猫は謎多き生き物。でも、その飼い猫の謎を理解していくことが飼い主さんの愛情!」



最期までお読みいただき、ありがとうございました。







posted by チャミーの父ちゃん at 13:26| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

『猫好きを装い、猫を虐待、転売するために騙して引き取る「里親詐欺」に要注意!』




【虐待目的の里親詐欺が急増中‼】

動物好きを装い(嘘をついて)、猫を引き取る。

しかし、その目的は家族として迎い入れるのではなく、「虐待」または「転売」。

近頃、そんな「里親詐欺」が急増中です!!



《「里親詐欺」とは?》

里親を探している保護主や飼い主、保護団体から猫を騙して引き取る行為。

目的は虐待、虐殺、転売など非道な行為です。


コロナで自粛生活の時間が増えたこと、SNSが発達、充実したことが「里親詐欺」に拍車をかけています。

ネットのSNSでは、婚活アプリのように「里親を探している人」と「里親になりたい人」のマッチングサイトも増えています。

しかし、そこに付け込んで里親詐欺を働く悪い人間がいるのです。


3574998_s.jpg




【里親詐欺の被害を知る】

「虐待」「虐殺」「転売」、これらを目的として猫や犬を引き取る行為は許しがたい行為です。

また、詐欺罪であり、動物愛護法違反でもあります。



こうした悪質な「里親詐欺」を出さないためには、まず里親詐欺について知ることが必要です。




《里親詐欺の実態》

〈SNSを利用した里親詐欺〉

最近多いのがSNSを利用したもの。

「SNSを利用した譲渡」、これが里親詐欺の起こる危険性が高いのです。

SNSでの譲渡では、「複数のアカウントを作って多重応募をするケースが多い」です。

匿名のアカウントやフォロワーがいない、ネット上での活動がほとんどない、などというのは偽アカウント(裏アカウント)の可能性が高いです。


SNSでの譲渡の場合は、アカウントをきちんと調べ、SNS上での活動(発言、つぶやきなど)を調べることが大切です。



〈リアルな場での里親詐欺〉

掲示板やSNSのみならず、「通常の譲渡会」などのリアルな場で、堂々と里親詐欺が横行しています。

里親詐欺は堂々と、保護団体に接触し、譲渡会に参加してきます。


ある保護団体では次のような“窃盗”があったそうです。

保護団体の人が、譲渡希望者と1対1で面談中、お茶を入れようと席を立ったときに猫をさらって逃げた。

そんな信じられない“強盗”のようなケースもあります。


また、保護団体よりも譲渡してもらいやすいのではと考えて、保護猫カフェを訪れて猫好きを装い里親詐欺をする人間もいるようです。




《里親詐欺の形態(手口)》

里親詐欺の形態(手口)は主に以下の4つです。



1.動物虐待を目的とするもの

猫好きを装い、時には偽装した家族関係を作ってまで譲渡希望者として現れます。

目的は、ストレス解消のために虐待する、または命を奪うという異常行動願望を満たすためなどです。

このケースは、明らかに異常者と見ていいでしょう。

ですが、譲渡会や保護団体などには猫好きと偽っていますので、安易に信用してしまうと猫の命が奪われる、または猫が不幸になることになります。



2.転売・再譲渡を目的とするもの

譲り受けた猫を別の里親に引き渡し、医療費などをだまし取るケースがあります。

また、三味線の皮にするために業者に転売するケースがいまだにあります。



3.動物実験用に転売することを目的とするもの

動物実験用に転売するケースがあります。

これはどうしても需要があるものなので、密かに売買が行われている現実があります。

しかし、犬と猫は愛玩動物です。

家畜の動物と同じように動物実験用に使用するのは、間違っています。

科学者や生物学者などは、科学の発展、医学の進歩にばかり意識がいき、小さな命の大切さを尊重しない傾向があります。

動物実験に犬や猫を使用する科学者たちへも非難の目を向ける必要があります。



4.アニマルホーダーが目的なもの

アニマルホーダーとは、「異常な動物コレクター」のことです。

この場合は、ある程度動物への愛情は持っていることが多いですが、その愛情は非常に偏ったものであり、身勝手な愛情でしかありません。

面倒見切れないほど多頭飼いしていて、家族として生活するというよりも、コレクションを集めるような感覚で動物を引き取るのです。

ですから、「この人は動物好きなのだな」と思って譲渡すると間違うこともあります。

衛生面や健康面が不十分な劣悪な環境で飼育されるのは虐待と同じです。



3441618_s.jpg




《里親詐欺に騙されないための注意点》

里親詐欺は焦って里親を募集している人を狙ってきます。

「〇日までに里親が見つからなければ保健所に行くしかない」

「入院するから緊急募集」

など、緊急性を以って里親を募集している人の弱みに付け込んできます。



「保護活動をしているので今すぐ猫を引き取れます」

「子猫を全部引き取ります」

「格安料金で里親探しを代行します」

など、親切なフリをして近づいてくることもあります。



「ケージもトイレも設置」

「猫の飼育経験もあり」

「戸建てで妻は専業主婦」

などと譲渡されるための好条件を提示してくる場合があります。



単身者への譲渡を警戒する保護団体の決まりを逆手に取り、夫婦や家族を装って、猫を譲り受けようとする詐欺師が増えています。

犯罪者などの悪い人間は必ず物事の盲点をついてきます。


保護団体は「単身者不可」ということを改善することによって、保護対象者を増やすことで里親詐欺にあわないようにする努力も必要だと思われます。



3906182_s.jpg




【里親詐欺への対策】

1.譲渡契約書の用意と身分証明書の提示を必ず行う。


一番大切なことは、引き取る人の素性です。

身分証明書を必ず提示してもらい、譲渡契約書には氏名、住所、連絡先などを必ず記入してもらうことです。

万が一、SNS上でしか連絡が取れないなどがあれば譲渡はしないことです。



2.譲渡費用を求める。


里親詐欺の中には身分証明書を偽造する人がいます。

そこで譲渡条件に譲渡費用のお願いをすることで、里親詐欺を防ぐ要因となります。

ただし、譲渡費用はあまりにも安価だと効力がなく、高すぎると譲渡が滞っていまいます。

また、正当な理由がなく費用を求めることも保護団体側が売買目的となりかねてしまう恐れもありますから、注意が必要です。




3.譲渡する前に必ず引き取り希望者の自宅環境を確認する。


多頭飼いではないか?

トイレ、食器、スペースなど飼育する環境がととのっているか?

これは里親詐欺を防ぐためには絶対に必要です。




4.受け渡しは相手の自宅で行う。


受け渡しに「そちらに引取りに行きたい」と交渉してきても、相手の飼育現場である自宅に譲渡する側が出向き、現地で再度飼育環境を確認してから譲渡することです。



5.トライアル期間を設ける。


1週間~2週間のトライアル期間を必ず設けて、「相性」を確認し、その間に里親の素性に怪しい点があれば譲渡しないための最終的見極めの期間を設けることです。



6.アフターフォローを導入する。


譲渡したらおしまいという保護活動をしているところもあるようですが、それでは里親詐欺をしてください、と言っているようなものです。

譲渡した後こそ大切です。


譲渡した先で動物(猫や犬)が幸せに生活しているかどうかを確認することは里親詐欺を防ぐ最終的方法です。

また、そうした情報を把握し、発信することで、譲渡希望者の増加にもつながります。

確認と言っても、メールで写真や感想を送ってもらうだけで簡単に確認できます。

ここが保護活動の詰めの部分です。

譲渡件数が多いからといって手抜きをせずに、必ず確認する態勢を整えることが譲渡する側の責任となります。



7.保護団体や保護猫カフェなどの横のつながりを構築する。


保護団体や保護猫カフェなどの横のつながりを構築することで、情報のやり取り、情報の共有をすることで里親詐欺を防ぐことに繋がります。

同一人物が短い期間で多重応募しているなどをチェックする仕組みを整えることが重要です。



(参考情報は、YAHOO!!ニュース)




【里親詐欺は許さない!!】

いずれにしても譲渡する団体や個人が責任を持つことが必要です。

安易な譲渡は里親詐欺を見抜けず、猫を不幸にし、命の危険にさらしてしまいます。


詐欺師は巧妙に嘘という鎧で相手を騙してきます。


動物の保護活動をしている人たちの中には「お人好し」のタイプの人もいます。

「お人好し」は悪いことではありませんが、詐欺師から見ると格好の餌食となってしまうのです。



3579533_s.jpg


保護した猫の幸せのために譲渡したのに、虐待されたり、動物実験に使われたりしたのでは、何のための保護活動なのか分からなくなってしまいます。

保護活動をする団体も個人も、里親詐欺を防ぎ、保護猫や保護犬を守るための知識や見解が必要です。

また、世間が関心を向けることも大切です。


犬や猫にも個性があります。

愛情を感じ、愛情を与えられることができる犬や猫を虐待する悪質な里親詐欺から守らねばなりません!




最後までお読みいただき、ありがとうございました。


合わせて読みたい記事。

『滋賀県内で動物(猫)の虐待が頻発!里親詐欺は絶対に許せない! ~虐待された保護猫「むうくん」にエールを贈る!~』







posted by チャミーの父ちゃん at 13:25| Comment(0) | ペット問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

『ハッピーがハッピーを与えてくれる!』




【新しい家族のハッピー】

新しく「ハッピー」という子猫を我が子として迎い入れることになりました。


生後3ヶ月のスコティッシュフォールドのメスです。


ですが、初日は我が家とわたし(父ちゃん)にまだ慣れていなくて・・・。

我が家に来てすぐ、書庫に隠れてしまいました。


DSC_0406.JPG


ハッピーは、とても臆病な子(ビビり)で、おとなしく静かな子です。


特徴は、短い耳と長毛(三毛)です。

モフモフの三毛猫です。



なんでも、生まれてすぐに母猫に耳をなめられてしまったことが原因で、耳が小さくなってしまったとか・・・。

(マジか!)



我が家にきてすぐのハッピーは、

「ハッピー」と呼んでも、無視・・・。

父ちゃん辛い!


DSC_0407.JPG

隠れて、こちらをじっーと見ています。

「誰だ!お前」

ってな感じです!


「誰かって?」

「あんたの新しい父ちゃんだよ!」


ちゃんと覚えてください!




幼少期から捨て猫を拾ってきては育ててきましたが、無視される経験は野良猫以外にはありませんでした。

ショック・・・。


まぁ、少しずつ環境になれるしかないか・・・。

とほほ。



どうやらすごく臆病な子で、部屋のあちらこちらを何度もニオイを嗅ぎまくっていました。

しかも、わたしのいる部屋(寝室兼仕事場)から離れません。

階段を下りて1階に冒険することもなく、同じところでウロウロしたかと思うと、寝転がる。

たぶん暑いのだと思います。



夕食後、ネズミのおもちゃで遊んだら、食いついてきましたが、長らく運動不足だったせいか、舌を出してハッハッとしていたので、遊びは中止!



DSC_0412.JPG


しかし、夜も老けてくると、少しずつ父ちゃんの近くにくるようになって、就寝時には側で寝つきました。

ほっ!




2日目にはこちらを見る時間も多くなり。

撫でても喜ぶようになりました。


でも、長毛は夏に可哀想!




ハッピーが来て3日目。

バタバタと走り回り、ニャーニャー鳴くことも増えました。

父ちゃんがパソコンで作業してくると寄ってきて、「遊んで~」と寄ってきたりします。


どうやら「猫をかぶっていたようです」

始めから猫だ~!って?



DSC_0410.JPG




【ハッピーはハッピーを与えてくれる存在】

ハッピーの名前の由来は、文字通り「幸せになること」です。

母猫から離れて我が家にきたハッピーとそれを受け入れる父ちゃんが両方とも幸せになるように、という願いが込められています。


人間にとって一番辛くて悲しいことは「孤独」ではないかと思います。



自殺も、完全なる孤独のなかで行われます。

誰か一人でも寄り添う人がいれば、自殺することはなくなるはずです。


でも、物理的にそばに誰かがいても、人間関係があったとしても、「心の中では孤独」という現象があります。

そうした孤独のときに人生を揺るがす出来事があると人は絶望の底へ落ちていきます。



でも、たった1匹の猫(または犬)が、孤独な人間の心を癒すことがあります。

たった1匹のペットが人間に生きる力を与えることがあります。

ハッピーは、わたしにとって、そんな生きる力を与えてくれる存在です。


これからハッピーと一緒に生きていきます。



DSC_0413.JPG



だけど、チャミーのことは絶対に忘れません

チャミーを失った深い悲しみはいまだに癒えません。

チャミーのことを思うだけで、胸がぱっくり斬られたような痛みを感じます。


残された人生をハッピーのために生きていきます。

我が子がもう一人増えたそんな気持ちです。



ときおり「ハッピー日記」をお届けします!




最後までお読みいただき、ありがとうございました。






posted by チャミーの父ちゃん at 12:19| Comment(0) | ハッピー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

『犬は人間の感情を敏感に読み取る』





【犬は、飼い主さんどうしのケンカにとても敏感に反応する】

こんな経験ありませんか?


ある日、夫婦ケンカ(または親子ケンカ)が勃発!

ワーワー、ギャーギャー、汚い言葉の罵りあい。


そんなとき、そばで見ていた飼い犬が大きな声で威嚇するように吠え始める。

または、そばでキャンキャン鳴く、などなんらかの騒がしい行動をする。

多頭飼いの場合、こんなとき犬どうしでケンカが始まることも多いです。



319048_s.jpg


なんで?


犬は人間の感情に敏感です

犬は家庭(テリトリー)の中に不穏な空気が発生すると敏感に察してストレスを感じてしまいます。

すると不安になって騒いだり、異常行動をとったりするのです。


また、多頭飼いの場合は、家庭内の騒動を「これ幸い」と戦乱に乗じて自分の地位を上げようとしているという説もあります。

犬の祖先のオオカミの群れは、高い地位にあるオオカミどうしがトップの座をめぐって争いを始めると、下位のオオカミたちも争いを始めることが知られています。

これは、リーダーシップの頼りなさに不安感が募るためとか、騒ぎに乗じて自分の地位を上げようとするためと言われています。


飼い犬の場合も、犬どうしの実力が拮抗している場合や密かに下克上を狙っている場合、この機に相手をやりこめてやろうとケンカを始めるのです。


2366852_s.jpg


密かに狙ってたのかい?

マジか!



いずれにせよ、飼い主さんどうしのケンカは、飼い犬にとっては平穏な生活をかき乱すことになります。


家庭内不和は、飼い犬にストレスを与えるのです。


飼い犬は、常に飼い主さんたちの気持ちを敏感に感じ取ろうとしているのです。


3507494_s.jpg



犬の場合、ケンカをするフリをしても、同じような反応をすると言われています。



ちなみに猫の場合は、「またやってら~」と涼しい表情で流し目する。

クールビューティー(?)。

猫は「われ関せず」なのです。



〈犬の豆知識〉

「犬は、飼い主さんどうしがケンカをすると不安になって騒いだり、異常行動を取ったりする」







【犬は飼い主の表情を読み取る】

飼い犬がイタズラをした。

またか~!

と思って、愛犬に腹を立てる。


愛犬はどこかと探すと・・・。


ガックリうなだれて、「怒らないで~」と言わんばかりに無言のアピール。

e28fd2bbe80eb21ed9a79422a2097777_t.jpg

飼い主さんが視線を向けると、チラ見して目がキョロキョロ。

なんて、ありませんか?



犬は、飼い主さんの気持ちを繊細に感じ取ると言われています。


ですが、飼い主さんが声を出したり、体の動きがないときに、犬は何を手掛かりとしているのでしょうか?


最近の研究により、「犬は人の表情を読み取れる」ことが分かったのです。


実験では、モニターにさまざまな人の顔写真を映し、犬がそこから「笑顔」や「怒り顔」を見分けられるか調査しました。

すると、犬は容易に見分け、しかも初めて見る人の顔や、その顔を上半分だけにしたもの、下半分にしたものでも表情を見分けたのです。


2547985_s.jpg



なんと!


また、別の実験では、必要最低限しか人に接触していない研究施設の犬は最初に人の目や額のあたりを見るのに対し、人と多く接しているペットの犬は最初に人の口を見る傾向があるということが分かりました。


つまり、ペットの犬は飼い主さんからのコマンド(指示)が出る口に注意する癖がついていたり、人の顔のなかで最も変化が大きい口から表情を読み取ろうとしているのです。



3407982_s.jpg


だからといって、感情とはまったく違う変な口をして、飼い犬をからかうのは止めましょう!

(でも、面白いかも?)



〈犬の豆知識〉

「犬の視力はそんなによくないけど、人の表情を読み取れる能力を備えている!」




最後までお読みいただき、ありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 12:43| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする