2020年04月24日

『猫を襲う突然変異した猫コロナウイルス! ~ペットを守ろう~』




【猫を苦しめる突然変異したコロナウイルスによる難病】

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、人間から猫に感染することがあるとお知らせしました。

ですが、別の話があります。


猫の間で、突然変異したコロナウイルスによる難病があり、多くの猫と飼い主が苦しんでいるのです。

この猫を苦しめる難病は、猫腸コロナウイルスの突然変異によって発症する猫伝染病腹膜炎(FIP)と呼ばれるものです。


猫伝染病腹膜炎(FIP)は、有効な治療方法が確立されておらず、“不治の病”とされ、致死率はほぼ100%と言われています。

発症してから数日で死亡してしまうケースが多いようです。

(平均生存期間9日、1年生存率5%未満。)


どんなに早期発見したとしても手の施しようがないという、猫にとってはとても怖い病気です。

猫好き、猫を家族と思っている人にとっては、新型コロナウイルス感染に匹敵するほど怖いことです。



〈FIPとは〉

FIPの原因となる猫コロナウイルスは、多くの猫がすでに保有していて、通常であれば健康面に影響することはありません。

突然変異を起こした場合のみ、FIPウイルスとなり、全身のどこかの機関に感染して致死率の高い症状を引き起こします。




〈FIP(猫伝染病腹膜炎)の症状〉

FIPには独自の症状はありません

ですから、飼い主さんも気づきにくいのです。

症状は、発熱、食欲不振、体重減少、貧血、下痢などの症状があらわれます。


こういった症状は他の病気でよく見られる症状ですから、FIPに感染していてもFIPであると気が付きにくいのです。



こんな症状があったらFIPを疑う!


ウェット型

・「腹水」や「胸水」が溜まる。

・腹水が溜まるとお腹がタプタプする。

・胸水が溜まると見た目にはあまり変化はないが、肺が圧迫されるため呼吸が苦しくなる。


ドライ型

肝機能、腎機能の低下や、脳神経などに作用して発作などの症状がでる。

・脊髄に影響すると手足のしびれなどを引き起こす。



〈FIPの検査は?〉

FIPの原因となる猫コロナウイルス自体を保有しているかどうかは、血液で抗体検査を行い調べます。

(人間の新型コロナウイルス検査と同じく、PCR検査でわかります。)


ただし、猫コロナウイルスとFIPウイルスの区別をつけることは非常に困難です。

ですから、現れた症状と各種検査によってFIPの診断が下されます


より確定的な診断を望む場合は、臓器の一部を切り取って検査し、その中にFIPウイルスの有無を調べることになります。

ですが、検査結果が出るまで1週間を要するため、その間に死亡してしまうこともあります。

また、外科手術をすることは猫の体力を奪うことにもなるので、現実的には有効な検査とは言い難いのが現状です。




〈FIPにかかりやすいのは?〉

FIPにかかるのはやや純血種が多い傾向があります。

年齢で言うと、5歳以下と10歳以上の割合が多い。

オスとメスでの違いは見られません。

これは比較的という意味なので、ミックス猫でも、どの年齢でも発症する可能性はあります。


問題は、“多頭飼い”をしているケースです。

発症した猫とのトイレ共用による排泄物からの感染、食器の共用グルーミンングによる唾液からの感染の可能性があります。


ですから、性別や年齢よりも、多頭飼いによってリスクが高くなる、と思ったほうがいいです。




〈FIPを発症してしまったら〉

現在、認可されている薬で有効な治療法はなく、FIPを発症した場合は対症療法しかないのが現状です。

抗炎症薬を投与して症状を緩和、ウイルスの増殖を抑えるなどを行い・・・。

あとは、残念ながら、残された時間を少しでも楽に過ごしてあげるしかないのです。

(飼い主さんにとっては胸をえぐられるような悲しみですね)


実質的に症状を緩和させることしかないので、FIPにかかった猫の治療をめいっぱいすることを希望する人もいれば、投薬など猫に負担がかかるようなことはしないで自然に任せる人もいます。

飼い主さんが苦渋の決断をするしかありません。



海外で開発されたFIP用の新薬で効果が現れたという報告もありますが、日本においては認可されていないのでいまのところ使用できません。

残念です!



3333188_s.jpg





【愛猫を新型コロナウイルスから守るために】

ベルギーで新型コロナウイルスが猫に感染したと報道されました。

飼い主が発症した後、猫にも嘔吐などの症状がみられ、便から新型コロナウイルスが検出されました。

新型コロナウイルスは人間から猫に感染するのです。

(他の動物にも感染することが判明している。)

感染するといっても人間から人間への感染ほど心配する必要はありませんが、だからといって安心したり油断してはいけません。



ウイルス伝染症は基本的には、種別(犬から猫、人間から猫など)を越えて伝染することは無いと考えられていますが、新型コロナウイルスは未知のウイルスであり、ウイルス学者や生物学者、医師などの専門家であってもその全貌を理解している人は現時点ではいません。


ですから、まずは飼い主さんが新型コロナウイルスに感染しないように全力を傾けるしかありません。

心配ならば室内でのマスク使用をおススメします。


中国では、愛犬に防護マスクをさせる人も出ているようです。

防護マスクを購入するのもペットにさせるのも大変ですが、日本でもペット用のマスクが必要であると思います。

(ペットは嫌がると思いますが・・・)

人間用のマスクが不足する現状ですが、ペット用のマスクもペットを守るために必要であると思います。

どこかの企業で開発すれば売れると思いますが・・・。

それが、ペットと飼い主を助けることになるのですが・・・。


3383457_s.jpg


FIPおよび新型コロナウイルスに感染しないようにと、飼い主さんの責任は重いですが、ペットは家族です。

愛猫、愛犬を守りましょう!



お読みいただきありがとうございました。






posted by チャミーの父ちゃん at 13:01| Comment(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

『ペットと新型コロナウイルス感染に関する情報 ~ペットを守ろう~』




【厚生労働省からのお知らせ】

先週、猫も新型コロナウイルスに感染することをお伝えしました。


しかし、厚生労働省が4月17日に、ペットが新型コロナウイルスに感染する事例とQ&Aを公開しました。


厚生労働省によると、海外では人間から犬、猫に感染したと考えられる事例が複数あり、猫の呼吸器や消化器に症状が出た例も報告されていると、知らせています。

また、同じく海外では、動物園で飼育員から虎に感染した事例があります。


いまのところペットから人間への感染は確認されていませんが、新型コロナウイルスに感染した人間(飼い主)から動物(ペット)に感染する、ということです。


これはペットと自宅で自粛生活をする人たちにとってとても重要な情報です。


猫だけではなく、犬にも新型コロナウイルスが感染するのです。

犬を飼う人も注意が必要です。


4e9122e0b59d4e6d5f8fd8be34547023_s.jpg






【愛するペットを守るために】

ペットの命と健康は飼い主さん次第です。

自粛生活をする飼い主さんにとってペットは、“慰めてくれる存在”“癒してくれる存在”だと思います。


ですが、その愛するペットに飼い主が新型コロナウイルスに感染させてしまう可能性がある以上、飼い主の責任と愛情をもとにして注意が必要です。



〈ペットに感染させないために〉

・過度な接触は避ける。

・ペットの体調が悪いときは不必要な接触をしない。

・飼い主が口にした食事をペットに与えない。

・買い物や仕事から帰宅したら念入りに手洗いうがいを行う。

・ペットと接触した後は、手洗いうがいを念入りに行う。

・ペットに人間の体をなめさせない。(特に犬に顔をなめさせない)

マスクをしてペットと接触する。



そして、一番大切なことは

飼い主が3密を避けた生活を送り、新型コロナウイルスに感染しない


愛するペットを守るために、飼い主さんが新型コロナウイルスに感染してはいけないのです。


ペットは大丈夫だろう!

「俺は」「私は」感染しないだろう!

という“甘い認識”は捨てましょう!

愛犬、愛猫に“感染させてしまうかもしれない”と考えて生活しましょう。


444b8bd1ea65215559fe1bf83113d6a1_s.jpg

新型コロナウイルスは未知のウイルスです。

発生の原因が分かっていなくて、ワクチンもいまだ開発されていません。

つまり、新型コロナウイルスに感染した人を治す治療薬がないのです。

(現時点では、治療にインフルエンザ等の既存の薬品を使用している)


ペットに新型コロナウイルスが感染してしまった場合、治療は出来ません

獣医師にその知識も技術も医療器具もないからです。

感染した人間を治療する医師でさえ、この未知のウイルスに関しての専門家はいないのです。

人間の医師でさえ新型コロナウイルスのことを“よくわかっていない”のです。


ペットを飼っている飼い主であれば、ペットの命と健康を守ることがその責任です。

愛するペットを苦しめ、命を奪ってしたったのが、飼い主だとしたら、こんな悲しいことはありません。


愛犬、愛猫を飼い主が苦しめて命を奪ってしまうかもしれないことを想像しながら、自粛生活をしなければなりません。


現時点での新型コロナウイルス感染を防ぐ唯一の方法は、“自粛”(3密を避ける)ことです

(悲しいことですが・・・)


もう一度言います。

新型コロナウイルスは犬や猫にも感染します。

感染は人間から動物への感染です。

つまり、飼い主から愛犬、愛猫にウイルス感染するということです。


全国のペットを愛する飼い主さんに、家族同然の愛犬、愛猫を守るために、自粛し、新型コロナウイルスに飼い主さんが感染しない努力をすることを望みます。



厚生労働省のペットに関する新型コロナウイルス情報リンク先



お読みいただきありがとうございました。








posted by チャミーの父ちゃん at 12:48| Comment(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

『緊急のお知らせ! 猫も新型コロナウイルス感染する!』

【緊急のお知らせ!】

このブログはペットの健康を守り、ペットと幸せに暮らすことを目的としてスタートしました。

猫を愛する人が無視できない情報があります。

すでに知っている方も多くいると思いますが、知らないでいる人がもしいるのなら知ってほしくて今回の記事を書きます。


世間はいま、新型コロナウイルス感染症で命の危険、感染の恐怖、経済的危機などで大変な事態となっています。


そんな中で、ペットと暮らす飼い主さんにとって聞き逃せないニュースがあります。

それは“猫も新型コロナウイルに感染する”ということです。


c45c36f70727b2ded94d339774df62cd_s.jpg




【猫も新型コロナウイルス感染する】

アメリカの科学雑誌「サイエンス」のウェブサイトで中国の研究チームが発表した内容によると、ペットや家畜の中でも比較的「猫は感染しやすい」とのことです。

また猫から猫への呼吸飛沫による感染も確認されたということです。

一方、犬は感染しにくいとのこと。


WHO(世界保健機構)も「動物がウイルスを媒介しているとは考えにくいが、感染した人から動物に感染することはありうる」と見解をしめしています。


(TBSNEWSより)




【猫を守ろう!】

猫を飼っている飼い主さんにお願いです。


飼い主さんが3密を避けた生活をし、感染しないようにする。

飼い猫を外に出さない。(他の猫と接触させない)

飼い猫に飛沫感染させないように注意する(マスクをするなど)


などの対策をして飼い猫を守ってください。


f87b790557427ff166bfebe4829654b0_s.jpg


確立は低いと思われますが、絶対にないとは言えないのが新型コロナウイルス感染です。


愛する家族である飼い猫を守るのは飼い主さんの義務です。

飼い猫を守るためには、まず飼い主さんが新型コロナウイルスに感染しないようにしなければいけません。


4d44c433d5f3318383c1667ae390c9fbe6fa61a2.jpg


飼い猫のことも考えて、生活しましょう。

大切な愛猫を守ってあげられるのは飼い主さんしかいないのです!



お読みいただきありがとうございました。


posted by チャミーの父ちゃん at 12:03| Comment(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

『犬の散歩に関する性(さが)』




【犬の散歩中の楽しみは?】

犬にとって散歩中の楽しみはなんでしょうか?


飼い犬が、散歩中に“ヘンなもの”を咥えて持っていこうとする、そんなことありませんか?



散歩中に出会う目新しいものを調べることが犬にとっての楽しみなのです。


落ちているゴミは飼い主さんにとってはただのゴミですが、犬にとっては「調査すべき興味深いもの」なのです。


思う存分ニオイを嗅いだり、なめたりして調べて、気に入ったら宝物としてしまっておきたいのです。


4cbe049363ff04d5d863059b979732cb_s.jpg

ただ、注意が必要なことがあります。

犬が宝物だと思って持ち帰ろうとしたときに、飼い主さんが取り上げようとすると、犬はゴクンと飲み込んでしまうことがあります。

異物を誤飲した場合、消化できなかったり、吐き出せなかったりする場合は、開腹手術になることもあり得ます。

充分な注意が必要です。


犬が、くわえて放さない。

怒っても放さない。

こうした場合、無理に取り上げることはしないほうがいいです。

(特に小さいものの場合)

気が緩んで口から放したときに取り上げるようにしましょう。


犬は散歩することで昨日までなかった新しいものを探したり調べたりすることに楽しみを見出しているのです。


〈犬の豆知識〉

「犬は散歩中に目新しいものと接することで好奇心を満足させている!」





【犬の散歩中のストライキ】

散歩中に犬が突然のストライキをすることはありませんか?


いくら強く引っ張っても抵抗して動こうとしない。

しょうがないから抱っこして連れて行く。

なんのための散歩なのか分からなくなる。


こうしたときの犬は不思議なほど頑固者です。


1-12-480x459.jpg

犬がストライキをする原因は、調べたいものがあるのに飼い主さんが立ち止まってくれない、帰路についたけどまだ帰りたくない、単純に疲れたから歩きたくない、嫌いな動物病院への道を覚えていて「そっちに行きたくない」、好きな公園に行きたくて「そっちじゃなくてこっち」と行き先を主張している、などが考えられます。


また、歩かないことで抱っこしてもらえたり、おやつがもらえることを覚えた犬は、ご褒美目当てでストライキすることもあります。


それと犬も年をとると歩くことが面倒になったり、歩くことが辛くなります。

年をとった犬の場合、体力の低下による原因も考えられます。

老犬が散歩を嫌がっても、変化のある屋外の景色を見ることは脳への刺激になり、認知症の予防にもなりますから、無理のない距離で散歩させましょう。



〈犬の豆知識〉

「犬は散歩のときくらい好き勝手したいと思っている!」


お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 14:00| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

『犬の食事に関する性(さが)』




【犬の大食い】

あなたの飼い犬は食いしん坊ですか?


基本的に、犬は大食いです!


犬が大食いするのは野生時代からの性(さが)なのです。

野生時代の犬は獲物を狩って暮らしていましたが、獲物は毎日獲れるわけではありません。

ですから、「食べられるときに食べられるだけ食べておこう!」

という本能が働くのです。


群れで狩りをする犬は、獲った獲物は群れのメンバー全員で一斉に食べ始めます。

うかうかしていたら自分の取り分がなくなってしまいますから、一気食いが基本なのです。


こうした暮らしをしていたため、犬は一度に体重の1/5もの量を胃に詰め込めるようになっています。


これはすごいことですよ!

人間に例えてみると、体重50㎏の人なら10㎏もの量を一度に食べることなのですから。


C7SkRqwVAAEyj6l.jpg

また、母犬は子犬に吐き戻して食事を与えますが、犬の胃は入口が緩くて吐き戻しやすい構造になっています。


まとめると、餌やおやつのあげすぎには注意が必要だということです。



〈犬の豆知識〉

「犬は体重の1/5の量を一度に食べることができる!」





【犬は食欲を抑えらえない】

あなたの飼い犬は“待て”が出来ますか?


はっ、はっ、と息を吐いて、よだれを流して、餌をチラ見して食べたそうにしていませんか?


もし、“待て”がきちんとできるようなら自制心のあるお利口な犬です。


なかには“待て”と言われて5時間以上もおやつを我慢した犬もいるとか・・・。


92e9c66b0af7069d649fb4da845bb9b2_s.jpg

ですが、これは犬にとってとても難しいことなのです。

ほとんどの犬は実際のところ“待て”が出来ません。


ほとんどの犬は、飼い主さんが見ていなければ“待て”と言われていても、パクッと食べてしまいます。


犬の食欲に関するこんな実験があります。

部屋の照明を明るい状態から暗い状態まで数段階調整し、それぞれの状態で床におやつを置いて、犬に“待て”をさせます。

これを84頭の犬で様子を観察したところ、暗い状態だと犬が盗み食いする率が高く、さらに食べるまでの時間も短い、という結論になりました。


要するに、暗い状態=人間から見えていないからバレない、と思っているようです。


別の実験では、おやつを盗み食いするために音が鳴る方法と鳴らない方法を選べた場合、犬はならない方法を選ぶことが確認されています。


つまり、犬は人間の視点にたって物事を考えられるということです。

犬は賢いのです(悪知恵?)。



〈犬の豆知識〉

「犬は、待てと言われても食べ物の誘惑に負けてしまい、食べてしまう!」



お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 12:45| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

『猫の本能(遊びと隠れるのが好き)』




【猫の遊びと本能】

猫って遊び好きですよね!


でも、夢中で遊んでいると・・・。

カミカミ、ケリケリ。

牙を立てて噛みつき!

抱え込んでキック!


なんてこと、猫を飼っている人であれば一度は経験あると思います。


201905011448_3-500x0.jpg

猫の遊びの多くは生得的(生まれ持った)なものです。

どんなに利口に見えても、飼いならされた飼い猫でも、本能は失われません。

また、猫にとって遊びは狩りの能力を鈍らせないための練習でもあるのです。


ですが・・・。

おもちゃでも人の腕が相手でも、じゃれているうちに本能がよみがえり、つい力が入ってしまいます。


猫は獲物をしとめ、最後にあがくときに致命傷を与えて確実に息の根を止めることに快感を覚えるものです。


落ち着いて遊んでいるときはツメを出しませんが、だんだん本能が姿を現してきて、本気になってくると、鋭いツメが出てきます。


猫に噛みつかれて、抱え込まれてネコキックをされて喜ぶ人もいるとか・・・。


飼い猫であっても本能は完全に失われないのです。

ご注意を・・・。



〈猫の豆知識〉

「猫は遊んでいるうちに本能がよみがえって本気になってくる!」





【猫は気配を消す】

猫は「それ無理じゃん!」と思う狭いところにも入って隠れようとします。

段ボール、家具のすき間などの狭い空間が大好きです。


a20140301.jpg

猫が狭いところに入りたがるのは、身の安全を確保するためです。

また、狩りをするために気配を消す目的もあります。


猫にはヒゲレーダーという優れものがあります。

猫が目的の場所に入れるかどうかは、ヒゲで計測します。

対象物の幅や空気の流れなどを察知する空間認識するのにヒゲレーダーが働くのです。


飼い猫となると、気配を消す本能も薄れ気味ですが、本能は本能!

やっぱり本能には逆らえないのです。

気づかれないように気配を消したいのです!


ですが、ときとして「頭隠して、尻隠さず」なんてことも・・・。

「それで隠れているつもりか?」って、突っ込みたくなることもしばしば。


猫は本能的に狭いところに入ると落ち着くようです。

その日の気分で入る場所を選んだりします。


だから、猫が隠れられる場所を複数設置してあげるといいのです。


resized_afa525f6-f67a-4dee-a46f-d437c670aa94.jpg

〈猫の豆知識〉

「猫は隠れるのが好きすぎ!」



お読みいただきありがとうございました。






posted by チャミーの父ちゃん at 14:00| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

『猫の魅力は奥深い』




【猫が嬉しいとき】

こんなことありませんか?


飼い主さんと目があったとたん、“にっこり”笑ったように見えたかと思ったら、

急にバタンと倒れる。

そして、お腹をさらしてクネクネする。


バタンと倒れるのは、目が合ったときばかりではありません。

急に近寄ってきて「ニャー」と鳴いたかと思うと、バタンと倒れる。


images10.jpg

このなんとも言えない愛くるしい行動の意味は?


本来、動物同士で目を合わせることは、威嚇のサインです。

ペットである猫にも視線に威嚇の機能があります。


一方、人間はコミュニケーションツールとして視線を使います。


どうやら人間と暮らすようになって、人間に似た感覚を身につけたようです。


目が合っただけで急所であるお腹を上にしてゴロンと転がることは、まさに飼い主さんに対する安心感、信頼感のあかしなのです。


猫が信頼している人と目を合わせるのは愛情のサインなのです。

そのときは、たっぷりの愛情とスキンシップで応えてあげましょう!



〈猫の豆知識〉

「猫が目を合わせるのは愛情のサイン。うれしいとバタンと倒れる!」




【猫は人間を魅了する】

世間には犬派と猫派がいますが、犬派の人は猫が何考えているかわからないから好きじゃない。

犬みたいに呼んでもこっちに来ない。


なんて言います。


でも、ある意味では猫の愛情表現は不器用なものなのです。

猫派の人は、素直に甘えてこない分かりにくい性格に愛らしさを感じたりします。


本当は、猫は静かに自己主張しているのです。


猫は、昔から神の使いとして崇拝されてきました。

エジプトには猫の姿をしたバステトという神がいます。


41WiuBpiEaL.jpg

猫の目が光り、表情筋が発達していないため何を考えているのかわからないことが、逆に神聖な存在に見えたのです。


最近の研究では、深く豊かな心の世界があることが分ってきました。


猫の魅力は、平安時代の天皇をもメロメロにしました。

天皇の日記に、「飼っている黒猫が美しい、龍のようだ」

と猫をほめたたえる文章が残っています。


猫って、神秘的でしぐさが美しいので神聖な生き物とされてきたのです。



〈猫の豆知識〉

「猫に興味がない人ほど猫を飼うとハマってしまいます! 理由は猫の奥深さにメロメロになるからです」



お読みいただきありがとうございました。






posted by チャミーの父ちゃん at 11:57| Comment(0) | 犬と猫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする