2019年03月29日

『オーダーメイドのペットクッション「ハグペット」商品紹介』




耐久性に強くリアル感があり、高級感のある「ハグペット」の商品を紹介したします。



1.「ハグペットメモリアル」


1_000000000057.jpg

  

素材(表) : 綿、ポリエステル

素材(裏) : シリコンウォッシュ (裏地は6色の中から選べる

サイズ   : 45㎝×45㎝

値段    : 29,160円(税込み)

送料無料  :(北海道・沖縄・離島を除く)


特徴    : 背景デザインをペットの誕生花(22種類)で飾りつけられる。(1月、2月、7月、12月は1種類のみ、その他の月は2~3種類の中から選択可)


限定オプション : 同絵柄のメモリアルクッションを注文すると、2個目が50%OFF。


おすすめポイント : 背景の花柄(誕生月の花)がとても綺麗なので見ていてとても和みます


こんな人におススメ : ペットロスの方。大切な家族への贈り物としたい方。



2.「ハグペット シェイプL」



original_l-240.jpg



素材(表) : 縦糸(ポリエステル)、横糸(綿)

素材(裏) : 綿 (裏地は10色の中から選べる

最大寸法  : 高さ60㎝×幅40㎝

値段    : 27,000円(税込み)

送料無料  :(北海道・沖縄・離島を除く)


特徴    : 写真のペットの姿をそのまま再現。(写真のペットの姿の形がそのままクッションの形になる)


限定オプション : 同絵柄の注文に限り、オーダーメイド各商品をプラス2点まで50%OFF。


おすすめポイント : ギュッと抱きしめるクッションとして最適です。


こんな人におススメ : ペットロスの方。大切な家族への贈り物としたい方。大型犬をペットクッションにしたい方。大きなクッションが欲しい方。

4_000000000027.jpg



3.「ハグペット シェイプS」


original_s-240.jpg

  

素材(表) : 縦糸(ポリエステル)、横糸(綿)

素材(裏) : 綿 (裏地は10色の中から選べる

最大寸法  : 高さ45㎝×幅25㎝

値段    : 20,520円(税込み)

送料無料  :(北海道・沖縄・離島を除く)


特徴    : 写真のペットの姿をそのまま再現。(写真のペットの姿の形がそのままクッションの形になる)


限定オプション : 同絵柄の注文に限り、オーダーメイド各商品をプラス2点まで50%OFF。


おすすめポイント : ギュッと抱きしめるクッションとして最適です


こんな人におススメ : ペットロスの方。大切な家族への贈り物としたい方。小型犬をペットクッションにしたい方。小さめのクッションが欲しい方。



4.「ハグペット スクエアL」



original_square-1-240.jpg



素材(表) : 縦糸(ポリエステル)、横糸(綿)

素材(裏) : 綿 (裏地は10色の中から選べる

サイズ   : 縦60㎝×横45㎝

値段    : 27,000円(税込み)

送料無料  : (北海道・沖縄・離島を除く)


特徴    : クッションらしいクッション部屋に飾ったときに安定感がある


限定オプション : 同絵柄の注文に限り、オーダーメイド各商品をプラス2点まで50%OFF。


おすすめポイント : お部屋に飾ることでいつでもペットがそばにいるように感じます車などのお出かけに持っていっても大丈夫!




こんな人におススメ : ペットロスの方。大切な家族への贈り物としたい方。外出時に持っていけるペットクッションが欲しい方。大きめのクッションが欲しい方。

4_000000000028.jpg



5.「ハグペット スクエアM」



original_square-2-240.jpg 


素材(表) : 縦糸(ポリエステル)、横糸(綿)

素材(裏) : 綿 (裏地は10色の中から選べる

サイズ   : 縦45㎝×横45㎝

値段    : 27,000円(税込み)

送料無料  : (北海道・沖縄・離島を除く)


特徴    : クッションらしいクッション部屋に飾ったときに安定感がある


限定オプション : 同絵柄の注文に限り、オーダーメイド各商品をプラス2点まで50%OFF。


おすすめポイント : お部屋に飾ることでいつでもペットがそばにいるように感じます車などのお出かけに持っていっても大丈夫!


こんな人におススメ : ペットロスの方。大切な家族への贈り物としたい方。外出時に持っていけるペットクッションが欲しい方。小さめのクッションが欲しい方。



シェイプ(L・S)とスクエア(L・M)の4つのタイプの裏地は以下の10種類です。

%A5ϥ%B0%A5ڥå%C8%C0%B8%C3%CF.jpg



オーダーメイド各商品には、クッション、フレーム、パブリックボードがあります。

50off_2.jpg




【ハグペット全体の特徴】


色あせがなく、触れたときの手触りが滑らかで、抱きしめたときの肌触り感が心地よい


プリント柄では表現できないジャガード織りならではの立体感がでるため、ペットの姿をリアルに感じられる


高級感あふれるクッションなので、贈り物として喜ばれる




☆たったひとつのクッションがあなたのお部屋にあるだけで、毎日の生活が変わります


☆世界に一つだけのペットクッションがあなたのそばにあるだけで、悲しみと寂しさが癒されます


☆たったひとつのペットクッションが、あなたを笑顔にしてくれます




リンク先


お読みいただきありがとうございました。




posted by チャミーの父ちゃん at 09:55| Comment(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

『オーダーメイドのペットクッションは安心できる商品なの?』





オーダーメイドのペットクッションは安心できる商品なの?



そんな疑問にお答えします。


つまり、ペットクッションの製造工程についてです。


大切なペットとの思い出をクッションにするのですから、安心して注文したいですよね!



そこでペットクッションを製作している事業者の製造工程を紹介いたします。


まず、ほとんど(ほぼ全部)の事業者が製造工程を紹介していません。


製造工程をきちんと紹介しているのは、サン・オリオン社さん1社のみです。


なぜか?


その理由は、ほとんどのペットクッション製造事業者がプリント印刷で製作しているからです。


ですからこういう形になります。


1. 写真を送る。

2. 製作。(布地にプリンと印刷する)

3. 商品が届く。


これに付け加わるところがあります。

それは、「画像のチェックをする」です。


つまり、オーダーメイドのペットクッションを作っているほとんどの事業者の製造工程は紹介するほどのことではないのです。


だって、依頼主から送られてきた写真を元にプリントするだけですから。



でも、1社だけ、ペットクッションの製造工程をきちんと説明している事業者がありますので、ここで紹介します。


事業者 : サン・オリオン社 『ハグペット』



製造工程


①  依頼主がペットのお気に入りの写真を送る

   (写真は一眼レフカメラ撮影、スマホ撮影でも可。古い写真でも大丈夫)

   (写真はデータで送信するか、ゆうパックで送付する)


hugpet_process1.jpg




②  送られてきた写真を元に模型の型になる「紋紙」を作るための織物用データを作成


hugpet_process2.jpg




③  織物用データから「紋紙」を作成

   *「紋紙」はジャガード織りの模型の型となるもので、絵柄ごとにひとつひとつ異なります。


hugpet_process3.jpg




④ 「紋紙」を元に色糸を複雑に組み合わせてペットの絵柄を織り込んだ布地を作成

   *数種類の色糸を使用します。


hugpet_process4.jpg




⑤  複雑な形に合わせて1点1点手作業で縫製

   *フレームも絵柄に合わせてサイズやマットの色を厳選し作成する。


hugpet_process5.jpg




⑥  検針などの安全確認をしっかりとして完成。


hugpet_process6.jpg




⑦  商品が届く


concept06.jpg



こんなに丁寧に製作してくれたら安心ですよね!


しかも、驚くことにサン・オリオン社の「ジャガード織り」の技術は特許を持っていますから、他社では真似したくても真似できないのです。


サン・オリオン社さんの「ハグペット」は色糸を1本1本織り上げた布地から製作するため、プリントのクッションのようなゴワゴワ感がありません。


また、織物ならではの心地よい肌触り感があります。


プリントのクッションだと、直射日光と水洗いに弱く色落ちや型くずれしますが、「ハグペット」なら、そうした心配はありません。


せっかくお金を払って大切なペットの思い出としたり、贈り物としたりするのですから、

安心して注文したいですよね!



重要なポイント


わたしがペットクッションをいろいろ調べた結果、オーダーメイドのペットクッションを本格的に製作している事業者はサン・オリオン社くらいでした


他の事業者は、その他のペット商品と並行して販売しているので、ペットクッションだけにノウハウや資金などを投入している感じはしません。


せっかく愛するペットをオーダーメイドのクッションにするなら、専門の技術を持っているところにお願いしたほうが安心すると思いますよ!



「ペットの愛らしい姿を忠実に表現したクッション」を、お望みならば、



お読みいただきありがとうございました。







posted by チャミーの父ちゃん at 09:16| Comment(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

『ハグペットを購入した顧客の声』




オーダーメイドペットクッション(ハグペット)を購入した顧客の声をお届けします


ペットクッションは欲しいけど、本当のところはどうなのだろう?

と、悩んだり考えたりしますよね。

そうしたときに実際に購入した人の声(意見)を聞いてみたいと思いますよね。


今回は、サン・オリオン社さんに寄せられた購入者の声を取り上げて、購入した人がどんな感想を持ったのか、ということを見ていきます。



ここからはハグペットを製作しているサン・オリオン社の公式ホームページからの引用となります


voice_img.jpg


「リアルなジャガード織り(デジタル処理)はすばらしい。
LINEで友人にすすめてあげました。ハグしやすい形は、どんな形が一番良いのか…。」


「型違いが来た為に、とてもラッキーな思いをさせて頂いています。
とても肌触りがよく、グレードの高さに大満足です。
こんな生き映しに出来るなんて…。家族みんなで涙でした」


「ジャガード織りで一つ一つ丁寧にお作りいただいて、とても可愛いですが、価格がもう少し安くなればいいかなと思いました」


「月命日に届きました。コロが蘇ったようで嬉しかったです。ありがとうございました」


「あまりにも良くできていて驚きました。イスに置いていると、そこに座っているかのようで嬉しいです。亡くなった子もお願いしたいと考えています」


「世界にたった一つだけのクッションに大満足です。
一生大切にお部屋に飾っておきたいです。ありがとうございました」


「実は今年の5月12日に愛犬が亡くなり、寂しくて注文させていただきました。
8月頃に到着と思っていたのですが、実際に届いたのが7月12日。ワンコの二ヶ月命日で、しかも翌13日はワンコの14歳の誕生日でした。
神様からのプレゼントなのかなと勝手に思っております。注文して本当に大満足です。
これからも素敵な商品を作りつづけていってください」


「亡くなったペットが帰ってきてくれた感じがして、とてもうれしいです。ありがとうございました。もう少しお値段が安いと、大きいサイズも作りやすいかなと思います。
でも、それ以上にかわいいので他の商品も購入を検討中です」


「写真プリントの同じような(少し小さい)クッションも作りましたが、写真なので長くもたないため、こちらを申し込みました」


「写真そのものの姿で、想像以上のクッションが届き、家族の笑顔がさらに増えました。
3ヶ月待ったかいがありました!ありがとうございました」


「8年前に亡くなった愛犬を改めて抱きしめることができました。ありがとうございました。大きさの種類がもう少しいろいろあるといいなと思いました」


「作っていただいたハグペットは、今一緒に住んではいない子(猫)でした。
到着してからは、まるでそこにいるかのようで、感動しました! 大切にします」


「届いたハグペットを見て、あまりにもリアルでステキで涙が出てしまいました。とても気に入りました。ありがとうございます。欲を言えば着物の色味がもう少し赤ければなぁと思いました。(笑) でも大満足です! 立体的で猫がもうひとりいるようです」


「両親に結婚式の記念品として贈呈、両家ともに涙ぐんで喜んでいました。
車で出かける時は愛猫の代わりにつれていく! と申しています。
織りが丁寧で美しく、ラッピングも可愛らしく、わたしたちも嬉しかったです」


「卒業間近の娘にプレゼント。本当に本当に大切にしていた愛犬が戻ってまいりました。
枕のとなりで添い寝をして守ってくれています」


ここまでがサン・オリオン社さんのホームページからの引用でした



それでは、お客さんから寄せられた声の中からハグペットの特徴や感想を引き出してみます


【サン・オリオン社のハグペットの特徴】


1. ジャガード織りの技術の高さ

(この技術は他のペットクッションを製作している事業者にはないものです)

2. 肌触りの良さ

(これもジャガード織りならではのペットクッションの特徴です)

3. ペットの姿にリアル感がある

(立体的に見えるために、プリントのクッションにはないリアル感があります)

4. オーダーメイドの世界にひとつだけのペットクッションである

(ジャガード織りを使ったペットクッションはハグペットだけ)

5. 長持ちするペットクッションである

(プリントではないため、水洗い直射日光などで色落ちしない)

6. 大切な人への贈り物として最適である

(高級感、リアル感、耐久性があるため贈答品として喜ばれる)



【ハグペットの課題点】

購入者からいくつかの要望がありました。


1. 価格がもっと安くなると良い。

2. サイズの種類がもう少しあると良い。



【注文した顧客に共通する感想】


1. 本物そっくりの出来栄えに驚くと同時に喜んでいる

2. ペットが生き返ったように感じている

3. 肌触りの良さ、高級感に満足している

4. 丁寧な製作を感じ取っている

5. 贈り物をした方も、贈られた方も喜んでいる

6.愛するペットが戻ってきた気持ちになり、生きる力が湧いてくる




【個人的な意見】


購入者からの要望が2点ありましたが、二つ目のサイズの種類に関してはわたしもS・M・Lなどの3種類くらいあるといいなと思いました。


値段については、安くするというのは高級品でなくなるということを意味しますから、それはどうかなと個人的には思います。


例えば、ベンツ、BMWなどの車の値段は高いですね。

それでも人気はあるし、手に入れた人は満足しているはずです。

ハグペットもそれと同じです。

高級品には高級品である理由があるのですから、値段をあまり安くするというのは、商品の品質を低下させるということにつながります。
(もちろん企業努力はあるべきです)



ペットクッションを選ぶ際に大事なポイントは

オーダーメイドのペットクッションは、消耗品ではない

ということを理解することです。


せっかく購入したペットクッションが色あせたり剥がれたりしたら、それこそ悲しいのではないでしょうか。


ですから、ペットクッションには、耐久性やリアル感がある商品であることが要求されるのです


いつまでも愛するペットと過ごしたいと思うなら、耐久性、リアル感、高級感があるハグペットをおすすめします。




お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 09:24| Comment(0) | 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

『ペットクッションの値段を比較してみる』




ペットクッションを買いたいけど、値段(価格)がいくらくらいするのか知りたいという方の疑問にお答えします


愛するペットを身近に感じられるペットクッションの値段を10社ほど調査して比較検討してみました。

(ただし、ネット販売している事業者に限ります。)



値段が低い順から表示します。

(なお、表示価格はすべて税込みの値段となっています)


1. M社

シェイプタイプのみ。

(シェイプタイプはペットの姿をそのままクッションにするもの)


「シェイプタイプ」  2,600円


    納品までの日数…約15日



2. C社

シェイプタイプのみ。


「シェイプタイプ」 3,480円  

「シェイプBIG」   6,480円  

           

   納品までの日数…5日以内(目安)



3. ME社

シェイプタイプ+スクエアタイプ。

(スクエアタイプは四角いクッション)


「シェイプタイプM」   6,264円

「シェイプタイプL」   8,424円

「シェイプタイプBig」  9,990円

「スクエアタイプ」    7,344円


      納品までの日数…14日



4. N社

シェイプタイプのみ。


「シェイプタイプA3」   8,964円

「シェイプタイプA2」  13,284円


      納品までの日数…不明



5. S社

シェイプタイプのみ。


「シェイプタイプS」   4,968円

「シェイプタイプM」    6,912円

「シェイプタイプL」   9,504円

「シェイプタイプXL」   19,440円


      納品までの日数…約1か月



6. O社

シェイプタイプ+スクエアタイプ。


「シェイプタイプ」      14,200円

「スクエアタイプ30㎝」   10,900円

「スクエアタイプ40㎝」   12,560円

「スクエアタイプ45㎝」   14,320円

「スクエアタイプ50㎝」   16,370円


     納品までの日数…7日~14日



7. L社

スクエアタイプのみ。


「スクエアタイプ」    19,440円


      納品までの日数…約7日



8. P社

シェイプタイプのみ。


「シェイプタイプS」   12,939円

「シェイプタイプM」   14,019円

「シェイプタイプL」   16,179円

「シェイプタイプLL」   21,384円

「シェイプタイプXL」   28,944円


      納品までの日数…3~4週間


9. F社

スクエアタイプのみ。


「スクエアタイプ」   22,680円



      納品までの日数…約14日



10.サン・オリオン社

シェイプタイプ+スクエアタイプ



「メモリアル」        29,160円

「シェイプタイプS」   20,520円

「シェイプタイプL」    27,000円

「スクエアタイプM」   27,000円

「スクエアタイプL」   27,000円


      納品までの日数…約3か月




【ペットクッションの値段ってどれくらいするの?】


ペットクッションの値段は現在、低価格品と高級品、その中間の値段の商品とに分かれています。


低価格商品の平均単価  ➡  7,000円くらい。

中間価格商品の平均単価 ➡ 15,000円くらい。

高級価格商品の平均単価 ➡ 25,000円くらい。

となっています。

(もちろんシェイプタイプとスクエアタイプの違い、サイズの違いによる価格の違いはありますので、ご注意ください)




【値段と納品日数に見る特徴】


基準の納品日数について(あくまでも平均的日数)

オーダーメイドペットクッションの平均納品日数は2週間から1か月くらいです。


値段が安くて納品日数が短い

  以下の理由が考えられます。

  ・安易な製作をしている。

  ・高度な技術がない。

  ・注文が少ない。


1万円未満の商品で納品日数があまりに短いというのは、商品としての質に問題があるように思えます。

オーダーメイドで丁寧に製作するのですから、早く出来あがるというのは、生産能力が余程高くなければ難しいと思います。

オーダーメイドペットクッションの平均納品日数は2週間から1か月くらいですから、それよりも早く仕上がるのは、それなりの商品だということです。


値段が安くて納品日数が長い

  以下の理由が考えられます。

  ・人手が足りていない。

  ・生産能力を超える受注があるため日数が掛かる。

  ・顧客のニーズに応えようとしていない。

  ・値段は安いが丁寧に製作している。


1万円未満の商品で納品日数が1か月以上もあるというのは、少し考えものだと思います。

個人経営で時間が掛かるのか、誠意が足りないかのどちらかではないでしょうか。


値段が高くて納品日数が短い

  以下の理由が考えられます。

  ・生産能力が高い。

  ・受注そのものが少ないため早く製作できる。

  ・他社よりも技術がないため丁寧に仕上げていない。

  ・効率の良い作業システムがある。


値段が高くて納品日数が長い

  以下の理由が考えられます。

  ・注文が多く生産がそれに追いついていない。

  ・生産能力が低い。

  ・高度な技術を使用しているために時間が必要となる。

  ・本当の意味でオーダーメイド商品を作ろうとして丁寧に時間を掛けている。

  ・注文後すぐに製作するのではなく製作前にじっくりと出来上がりを検討している。


納品までの日数が不明なもの

  納品日数が示されていないものは論外です。

  やはり顧客のことを考えれば注文してどれくらいで手元に届くのかということを目安であっても告知すべきです。




【値段にみられるある特徴】

今回調査した10社においてある区別があります。


それはペットの姿をプリントするところと糸で刺しゅうするペットクッションの2種類があるということです。


9番目のF社と10番目のサン・オリオン社だけが糸を使用しての刺しゅうでペットの姿を表現しています。

1~8番まではすべてプリントです。


ここにひとつの傾向性が見て取れます。

それは、糸による刺しゅうのほうが高い技術が要請され高級品となる

よって値段が高くなる、という特徴が見て取れます。

つまり、プリントの方が安いのです。


今回の調べた10社のうちで一番納品日数が掛かっているのが、サン・オリオン社さんの3か月です。

これは一見マイナスのように思えますが、わたしの見解は違います。

それは他社にはない高度な技術を持っている。(特許を持っています)

しかも職人さんが丁寧に仕上げていくのです。

ですから時間が掛かるのです。

ですから、プリントのペットクッションよりもどうしても時間がかかるのです。

逆に言うと、それが本当の意味でのオーダーメイド高級品の証なのです


jacquard_7.jpg



【おすすめのペットクッションは】


では、ペットクッションは安いほうがいいのか高いほうが良いのか?

という問題が出てきます。

もちろん購入する顧客はさまざまですから、一概に安いほうが良いとか、高いほうがいいとは言えないかもしれません。


でも、待ってください。


問題は、ペットクッションという商品の意味です

どうしてペットクッションを購入しようとしたか、です。


「いつまでも愛するペットと一緒にいたい」

「可愛いペットが蘇ったようなクッションが欲しい」

「大切なペットとの思い出をいつまでも感じたい」

「大切な人へのプレゼントにしたい」


concept06.jpg


そういった気持ち(思い)からペットクッションを購入しようとしているのではないでしょうか?

しかも、オーダーメイドの世界でたった一つのクッションとして。


そうお考えでしたら、安価なペットクッションはおすすめ出来ません


だって、オーダーメイドのペットクッションは愛するペットの代わりなのですから。

ペットそのものとして扱いたいと思う商品なのですから。


ましてやプレゼントとして誰かに贈るなら安価なものはいかかがものでしょうか?


ペットを愛するならば、良い商品を求めることをおすすめします


それはずばり高級品です

わたしがおすすめするペットクッションの条件は

ペットの姿が立体的でリアル感がある商品であること

直射日光や水濡れにも強い耐久性を持っていること

プレゼントとしても最適な高級品であること


この条件を満たしているオーダーメイドのペットクッションは、サン・オリオン社のハグペットしかありません


ペットを大切にする気持ちを、あなただけのペットクッションで表してみませんか!


*今回の値段比較は、2019年3月末の時点での調査に基づいています。


リンク先


お読みいただきありがとうございました。




posted by チャミーの父ちゃん at 08:33| Comment(0) | 値段について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

『オーダーメイドペットクッションの商品比較』




オーダーメイドペットクッションの商品比較



愛するペットを身近に感じられる商品(ペットクッション)の材質、性質などを他社製品と比較して見ていきましょう。



1. 「材質」


【いかに肌触りが良いか】


クッションですから、やっぱり肌触りは大事ですよね。

しかも愛するペットの姿のクッションですから、抱きしめたりなでたり触ったりするものですから、人の肌になじむものが良いです。


材質はペットクッションを作る会社で多少の違いがありました。

その材質の種類は、

・コットン(綿)

・綿麻生地

・オーガニックコットン

・ポリエステル

などです。


だいたいこのうちのどれかでペットクッションは出来ています。

(表面の材質です)


なかには裏面がふわふわモコモコの材質のものでペットクッションを作っているところがありました。

(材質はおそらく繊維だと思われます)


サン・オリオン社「ハグペット」の材質はポリエステル、綿です。


ですが単にポリエステルだけではなく、複数の糸を刺しゅうのように縫い合わせますから、ただのプリントしたペットクッションとは違います。


プリントのペットクッションでは味わえない肌触りがハグペットでは味わえます


concept06.jpg



2.「印刷、プリント技術」


【いかに本物に近づけるか】


わたしが調べた限りにおいて、糸を使って刺しゅうするオーダーメイドのペットクッションはハグペットともう1社しかありませんでした。


サン・オリオン社以外の糸を使用して刺しゅうするペットクッションをしているところは、残念ながらスクエアタイプしか販売していません。

つまり、ペットの姿をかたどったタイプのクッションがないのです。

選択肢が狭くなりますね。


それに比べてサン・オリオン社のハグペットはシェイプタイプとスクエアタイプの両方があります。


その2社以外は、基本的にプリントです。

プリントの技術に多少の違いはあるものの、プリントですから平面的な仕上がりとなります。


やはり、よりリアルな感じを出すにはハグペットのように糸で刺しゅうしたペットクッションの方でしょう。


サン・オリオン社のハグペットなら、プリントでは表せない深みのある姿が再現されます


concept03.jpg



3.「耐久性」


【耐久性は良いか】



クッションは当然汚れたり水に濡れたりすることがあります。

そんなときに色あせてしまってはせっかくのペットがかわいそうです。


オーダーメイドのペットクッションを製作しているところのほぼ全部が基本的に写真のプリントです。

プリントですと、どうしても耐久性が弱いです。

そうなると長く一緒にいられません。


さらに注意しなければならないのが、直射日光です。

プリント式のペットクッションは、直射日光に弱いという欠点があります

ですから購入時に、直射日光を避けてくださいと言われるか、注意書きに記されているはずです。


しかし、サン・オリオン社のハグペットは糸で刺しゅうされたものですから、水に濡れても直射日光にあたってもすぐに劣化しません

(もちろんどんなものでも経年劣化というものはあります)


ハグペットは、圧倒的に他社製品と比べて劣化しにくいという特徴があります


可愛いペットの姿が色あせてしまっては、悲しくなってしまいますよね


ですから、わたしからの助言はとしては、あまり安いものに走らないほうがいいとお伝えします。


やっぱり、大切なペットのアバターであるペットクッションと長く付き合いたいですよね。


main_quadrilateral.jpg



【結論】


材質の良さ、リアル感(立体感)、耐久性を比較しましたが、リアル感と耐久性において圧倒的にサン・オリオン社のハグペットが優れていると思います。



ずっと、ずっと、在りし日の姿を


いつまでも楽しい思い出を忘れさせないでほしい


愛するペットにいつまでもそばにいて欲しい


リンク先



お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 06:54| Comment(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

『オーダーメイドペットクッションの種類』




オーダーメイドペットクッションの種類


愛するペットを身近に感じられる商品のラインナップを他社製品と比較しながら見ていきましょう



1. 「ハグペット メモリアル」


img02.png



【飼い主さんの気持ちに寄り添い、ペットの供養を表しているか】


まず言えることは、「メモリアル」という概念をきちんと打ち出しているのは、サン・オリオン社以外には1社しかありませんでした。

その中でもサン・オリオン社はメモリアルという概念を強く打ち出しています



「メモリアル」つまり、ペットロスの方の心を慰めたいという理念がサン・オリオン社にはしっかりとあるのです。

同時に亡くなられたペットへの供養の気持ちが商品に宿っているのがサン・オリオン社のハグペットです。



それを具体化したのが、ペットクッションに誕生月(ペットの)の花で飾りつけるクッションとして表現されています。

飼い主さんのペットへの愛情をクッションに表現しているのです。



これはサン・オリオン社が飼い主さんに敬意を示し、悲しみに暮れる方へ寄り添う気持ちが商品に表れているということです。

これが特徴的で、他社にはない姿勢であり、ペットクッションでもあります。



単純に思い出として残すという意味でペットクッションをオーダーメイドで製作している事業者はありますが、ペットの供養、飼い主さんへの心へのケアが一番商品に表れているのがサン・オリオン社のハグペットでした。




2.「オーダーメイドペットクッション ハグペット シェイプ」


8_000000000027.jpg


1_000000000026.jpg



【どれだけペットの姿に近づけているか】


こちらの「シェイプ」の特徴は、ペットの姿を形取ったクッションをしているところです。

つまり、四角い普通のクッションの形ではなく、写真のペットの恰好(姿)がそのままクッションになっていくのです。


この「シェイプ」タイプのペットクッションは何社かで見られます。

逆に、四角いクッションタイプしか販売していないところもありました。


この「シェイプ」の特徴は、写真のペットの姿に近い縁取りをしているので、ある意味で一番ペットを身近に感じられる商品かもしれません。

事実、このシェイプタイプが人気のようです。


ハグペットのサイズはLサイズとSサイズの2種類となります。


他社製品はというと、半数以上が一つか二つくらいのサイズしか用意していません。

(あくまでもシェイプタイプに限った話です)

でも中には3~4種類のサイズを用意しているところもありました。


例えば、

S(30㎝~30㎝)、M(45㎝~45㎝)、L(60㎝~60㎝)、XL(100㎝~100㎝)。


Mサイズ(297mm~210mm)、Lサイズ(420mm~297mm)、ビッグサイズ(500mm~400mm)。


いくつかの会社で3タイプのサイズが見られました。


シェイプタイプの特徴がペットの姿をかたどっているかのかというところにあるのですから、出来るだけ余分な部分がないほうがいいはずです。


この点では、サン・オリオン社さんが若干リードしている点があります。

それはクッション上部の、ちょうど犬や猫の耳と耳の間(頭のてっぺん部分)もハグペットでは本物の形を再現するように削ってあるからです。

少しでも本物のペットに近づけようとする姿勢が見受けられます



3.「オーダーメイドペットクッション ハグペット スクエア」



1_000000000028.jpg


1_000000000029.jpg



【どれだけ個性的か】


こちらの「スクエア」は、一番よく見られるタイプで、いわゆる四角い形をしています。

いわゆるクッションらしいクッションですね。


このスクエアタイプしか販売していないところが多いのが現状です。


ハグペットのサイズはLサイズとMサイズの2種類となります。


他社でもだいたいサイズは1~2種類がほとんどです。

ほぼ、どの会社でも似たようなサイズとなっています。

(45㎝~45㎝くらい)


形が四角とほぼ同じ形状をしているため、全体の見た目はメモリアルやシェイプタイプより個性的ではなくなります。


それでも絵柄で個性をだしているところがありました。

それは、花柄をあしらった「フラワーガーデン」、複数のカラーを使用した「フルカラー柄」、平凡な水玉模様の「スクエアタイプ」と個性をだしているところもありました。


サン・オリオン社のスクエアタイプのクッションは、逆にペットの姿(写真の)を前面に押し出してシンプルに仕上げています



いずれのタイプにおいても思い出を紡ぎ出す大切なクッションですから、大事なポイントがあると思います。


 ここでは、ひとつだけ取り上げます。


 それは如何に立体的に見えるか

という点です。

正面から見ればその会社の商品もきちんと可愛いペットの姿が見られます。

しかし、距離を離して見たとき、横から見たときにがっかりしては夢から醒めてしまいます。

ですから、立体的に見えるペットクッションが優れていると考えます。


その点でサン・オリオン社のハグペットはジャガード織りという色糸で丁寧に仕上げるために立体的にペットが見えます


あなたなら、

平面的なペットクッションと、立体的なペットクッション、どちらが欲しいですか?


リンク先


お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 07:49| Comment(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

『オリジナルペットクッションとは』





あなたは、既製品とオリジナル商品のどちらが欲しいですか?


ここではオリジナル商品(クッション)の「オリジナル」という言葉の二つの意味について話をしてみたいと思います。


 オリジナルの二つの意味


まず一つ目のオリジナルという意味は、

1. 飼っていたペットをクッションにするという意味でのオリジナル



DSC_0299.JPG



飼い主が飼っている(飼っていた)ペットを写真からクッションにするのですから、世界で

一つだけのクッションとなります。

既製品ではないという意味でのオリジナルです。



つまり、どこに行っても売っていない、あなた以外の人が同じものを持っていないという意味でオリジナルなのです。



見ず知らずの犬や猫がプリントした絵柄と、長年家族として共に過ごしてきたペットが絵柄になっている商品(ペットクッション)では、まったくその価値が違うと思います。

(もちろん人類の友の犬や猫は全般的に可愛いです)


つまり他にはない商品という意味でのオリジナルです。



「オリジナル」という言葉に似て非なりなのが「オーダーメイド」なのです。

もちろんオーダーメイドはオリジナルでもありますが、オーダーメイドの本質は唯一無二の商品ということです。



オリジナルとオーダーメイドの違い。


オーダーメイドの商品というのは、会社がどこかということに関係なく、他では手に入らない商品ということになります。



要するに、注文したあなたの要望にだけ応えた、あなたしか持っていない商品(ペットクッション)ということなのです。



ですから、ペットクッションという商品の世界においても大切なポイントは「オーダーメイド」かどうかという点です。



既製品よりもオーダーメイドを選ぶ。

ということが高い満足や喜びを与えてくれます



オーダーメイドのペットクッションとは、あなただけのリクエストに応じた商品(ペットクッション)であるということです。



世界にたったひとつの、あなたの愛するペットがいつもそばにいるように感じさせてくれるクッションです。



二つ目のオリジナルという意味は、


2. ペットクッションの世界において特許技術を持っている会社のオリジナル商品があるという意味でのオリジナルです。



 その会社とは、愛知県にある「有限会社サン・オリオン」という伝統的な織物技術を生かしてオーダーメイドのペットクッションを製作している会社です。

その商品(ハグペット)が他にはないオリジナルなのです。


サン・オリオンの織物技術は「ジャガード織り」と呼ばれる特殊製法なのです。


この特殊製法であるジャガード織りによってペットクッションを製作しているのは、サン・オリオンだけです。



concept04.jpg



ですから、ペットクッションを作っている業界の中でサン・オリオンの製作する「ハグペット」はオリジナルと呼べるのです。


注)「ジャガード織り」とは、J・Fジャガード氏(フランス)の考案した紋織機で作られた紋織物を意味します。

簡単にいうと何種類かの糸を使用して刺しゅうのように織り込んでいくものです。



ジャガード織りに関する特許技術とは

ハグペットを製作(織物)するときに使う画像を解析・変換する処理方法についての特許です。(カラー写真のデータから型を作る特許)


難しい技術の話はここでは避けますが、要は、飼い主から送られてきた写真データを元にして本物そっくりのペットをクッションで再現するということです。



またその仕上がり感は、他社にはないオリジナル感があります


抱きしめたときの肌触り感が心地良い。(ゴワゴワ感がない)

人の手では描けない精密なカラー図柄のクッションである。(ペットが生き返ったように見える)

プリントされたクッションにはない高級感がある

 ・糸の濃淡によって立体的に見える

 ・微妙な色合いを再現できる

 ・プリント版のように色褪せしないので長持ちする。(長期的に使用できる耐久性がある)



以上の点において他社にはないオリジナルの技術をもったペットクッションとなっています。


代表的な商品。


「ハグペット メモリアル」

「オーダーメイドペットクッション ハグペット シェイプL・S」

「オーダーメイドペットクッション ハグペット スクエアL・M」



 こんな人におすすめします。



 ・愛するペットといつもそばに一緒にいたいと思う方

 ・世界でだれも持っていない唯一無二のペットクッションが欲しい方

 ・耐久性と高級感のあるペットクッションが欲しい方





 そんな願いをかなえてくれるのが、「ハグペット」です。




memorial_top.jpg




リンク先



お読みいただきありがとうございました。





posted by チャミーの父ちゃん at 10:28| Comment(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

『愛するペットをいつもそばに感じたい!』




『愛するペットをいつもそばに感じたい!』


ペット、それは愛する家族といえる存在



ペットとは、ペットにあらず。

ペットは家族なり


昨年の秋に我が家で飼っていた犬(コーギー)が9歳で亡くなってしましました。

具合が悪くなってすぐに動物病院に運びましたが、三日後に息を引き取ってしましました。



DSC_0494.JPG



心に大きな風穴が空いたように、切なくて悲しかったです。


涙がたくさん流れました。


ペットロス

それはとても悲しいものです。

わが子を失った悲しみ、兄弟を無くした悲しみに似ています。


ペットを飼っている人ならば誰しも通らなければならないことです。

分かってはいても辛いものです。


でも、そんな悲しみを癒してくれるものがあれば、飼い主はどれだけ救われるでしょうか

飼い主がいつまでも泣いて暮らしていたら、天国へ旅立ったペットも悲しんでしまうのではないでしょうか。


そんなペットロスに方におススメしたいのが、『ハグペットメモリアル』という商品です。


ペットロスの悲しみを乗り越えて笑顔を取り戻せる商品なのです。


それは愛するペットと再会する喜びを与えてくれる商品です。



memorial_top.jpg



愛するペットの写真から作る、オーダーメイドのペットクッションです。

会えなくなったペットの記憶をいつまでも忘れさせないペットクッションなのです。


それはペットを抱きしめていたときを思い起こすようにハグ(抱きしめる)することが出来るオリジナルのクッションなのです。


人間はハグすることで、心が癒されるという研究結果も出ています。


ハグペットは、ペットロスの悲しみにある飼い主にそっと寄り添い、大切なペットと過ごした時間を思い出させてくれます


しかも、この「ハグペット」はペットの誕生日(誕生月)を伝えれば、誕生月の花をクッションにあしらってくれるのです。

愛するペットの周りを花で飾ってくれるクッションなのです。

世界でたった一つのオーダーメイドクッションなのです。


img01.png


注文は簡単、ペットの写真を送るだけ

すると国内で伝統技術を持った職人さんが色糸を一本一本織り上げて生地を作り上げます。

なので、ペットの毛並みを一本一本再現するように丁寧に作り上げてくれます。


しかも抱きしめたときの肌触りの良さは「ジャガード織」ならではです。

他のペットクッションでは味わえない感触です


愛するペットを失った悲しみを、いつでもそばにいる喜びに変えてみませんか!


リンク先


お読みいただきありがとうございました。







posted by チャミーの父ちゃん at 14:16| Comment(0) | ペットロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする